FABRICIO ROBLES
DÓNDE
ファブリシオ・ロブレス
ドンデ

2,160円

録音年 2017年 ブエノスアイレス録音 Indipendiente

高橋健太郎絶賛のブエノスアイレスのシンガーソングライター

曲目
1. Anteojos 2. Mandarinas 3. Ligero 4. Miraflores 5. Vértigo 6. Casa 7. Tienes 8. San Miguel 9. Vueltero 10. Arboleda 11. Magdalena Del Mar 12. Recíproco 13. Anteojos (Acústico) 14. Vertigo (Acúscico)15. Miraflores (Acústico)

Fabricio Robles - Guitarras, teclados, bajo, percusión y voz
Rosario Pilar -Voces secundarias
Fernando Ávila - Bajo
Christian Rojas - Saxo y clarinete
Camila Castillo - Trompeta
Karlo Mananí - Violín
Ghislaine Valdivia - Violoncello
Alessandra Blengeri - Flauta traversa
Matías Moar - Batería
Joaquin Bonazzola - Cajón, bombo y percusión
Dino Pérez - Congas

CD-R作品です。


 ファブリシオ・ロブレスは1年程前にバンドキャンプで見つけた。管弦楽器をバックに配し、ルーファス・ウェインライトを思わすような歌声を聞かせる一曲に驚き、2015年に16歳でデビューしていると知って、さらに驚いた。今も十代のはずだが、セカンド・アルバムとなる本作のざらっとした手触りはアルゼンチン音楽の中でも異彩を放つ。基本はアコースティックもしくはエレクトリックのギターを弾きつつ歌うフォーク・ロック。弦楽器、管楽器も加わるが、アカデミック臭のないアレンジだ。3曲目あたりからメロディアスな名曲がずらりと並ぶ。懐は深そうで数年後にさらに大きく化ける予感。


月刊ラティーナ2018年6月号掲載

(高橋健太郎)


カートに入れる:

  • モデル: IND FR2018


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.477 - Number of Queries: 201 - Query Time: 0.080288464675904