GIOVANNA
TANGO OXIDADO
ジョバンナ
タンゴ・オクシダード

2,200円

録音年 2009年 モンテビデオ録音 
曲目
1. Algunas mujeres que conozco
2. Moneda de cobre
3. Alguien le dice al tango
4. Pregonera
5. Murmullos
6. Garufa
7. Tirate un lance
8. Nada
9. Sueño de cupé
10. Luna morena
11. La canchera (en vivo)
12. Y a mi que
13. Giros
Alvaro Hagopian en piano,
Leonel Gasso en bandoneón
Alfonso Santini en contrabajo



 ジョバンナはウルグアイの女性歌手。1997年にプロデビューしたので、今年でちょうどデビュー20周年を迎える。本作は2010年リリースの、彼女名義のアルバムとしては2枚目の作品。まずクレジットされている編曲者の豪華さが目を引く。ウーゴ・ファットルーソ、ホセ・オギビエキ、セサル・サニョーリ、クリスティアン・サラテ他の凄い面々が、タンゴはタンゴらしく、ミロンガやカンドンベはウルグアイならではのノリの良さを活かして、上質の編曲を提供している。伴奏はピアノ、バンドネオン、コントラバスのトリオで、その演奏も派手さはないが極めて堅実。そして彼女の歌唱。Webによれば彼女はタンゴの持つ「汚れ」の部分を失わないことを重視しているとのことで、確かにきちんと歌としての形を保った上で、上手いだけでない味わいがある。曲目は新旧の必ずしも有名ではない曲も含む佳曲揃い。歌のタンゴの魅力が詰まっている。





月刊ラティーナ2017年7月掲載

(吉村俊司)


カートに入れる:

  • モデル: MMG 46022


Copyright © 2021 Latina Online
Parse Time: 0.646 - Number of Queries: 225 - Query Time: 0.087920314178467