SEXTETO VISCERAL
MILONGA DE MIS AMORES
セステート・ビスセラル
ミロンガ・デ・ミス・アモーレス

2,750円

録音年 2016年 ブエノスアイレス録音 CDI RECORDS


曲目
1. Para florearse – estilo Francisco Rotundo 2. Zum - estilo Osvaldo Pugliese 3. Pavadita - estilo Alfredo de Angelis 4. Cimarrón de Ausencia - estilo Aníbal Troilo 5. El Huracán - estilo Juan D’arienzo 6. Junto a tu corazón - estilo Carlos Di Sarli 7. El andariego - estilo Alfredo Gobbi 8. Milonga de mis amores - estilo Pedro Laurenz 9. Luna de arrabal - estilo Ricardo Tanturi 10. Vida mía - estilo Horacio Salgán 11. Barrio de tango - estilo Aníbal Troilo 12. Este es el Rey - estilo Juan D’arienzo 13. Selección de valses - estilo Aníbal Troilo

Músicos
Francisco Ferrero: Piano
Javier kase: Violín
Cecilia Barrales: Cello
Nicolas Maceratesi: Bandoneón
Mauro Paternoster: Guitarra
Alejandro Abbonizio: Contrabajo
Hernán Fernández: Voz



1曲目から迫りくる音圧と前進するリズム、これぞガツンと響くタンゴのど真ん中。やっぱりブエノスアイレスの若手タンゴバンドは侮れない、と痛感させられる力作だ。エスクエラ・バルカルセ出身メンバーを中心に2011年から活動するセステート・ビスセラルは、6人編成でオルケスタ・ティピカの迫力あるサウンドを鮮やかに甦らせる実力派グループだ。3枚目となる本作でもタントゥーリ、ディサルリ、プグリエーセ、トロイロなどなど、新旧の様々なスタイルの名曲たちを生き生きと現代に響かせる。古典タンゴの様式を尊重しながらも、彼らの音楽の最大の魅力は若さ漲るノリにノッたグルーヴ感と、豪快ながらハイレベルなプレーにあると言ってよいだろう。特にニコラス・マセラテシ(bn.)の精確かつ熱量を帯びた音色は見事。エルナン・フェルナンデスの歌声もスムーズで耳馴染みが良いが、要所で聴かせる華を持っている。聴く人、弾く人、歌う人、踊る人、皆が楽しめる作品の仕上がりだ。


月刊ラティーナ2017年9月号掲載

(清川宏樹)


売り切れ
  • モデル: EMG 437449


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.434 - Number of Queries: 222 - Query Time: 0.067482059906006