EDGARDO DONATO
OBRA COMPLETA VOL12
エドガルド・ドナート
オブラ・コンプレタ VOL.12

2,160円

録音年 1939-40年 アルゼンチン録音 BUENOS AIRES TANGO CLUB


曲目
1. Para Que 2. La Mimada -M- 3. Lágrimas 4. De Punta A Punta -M- 5. Carnaval De Mi Barrio 6. Sombra Gaucha 7. Sinsabor 8. Madrecita -Vals- 9. Pasión Criolla 10. Trinia -Pasodoble- 11. Chapaleando Barro 12. Soy Mendigo 13. El Torito 14. Noches Correntinas -Vals- 15. Mi Serenata 16. Volverás... Pero Cuando? 17. Triqui - Tra 18. Luna -V- 19. Sinfonía De Arrabal 20. Campo Afuera -M- 21. La Melodía Del Corazón 22. Porteña Linda -M-


“A media luz”の作曲で知られるE・ドナート(Vn.)のオルケスタの復刻盤のVol.11には、Miguel Nonanno(Bn.)が参加してた時期(1937 - 1938途中)と、Miguel脱退後、Edgardoの弟Ascanio(Cl.)が参加し始めた頃の演奏が収録。インスト曲のワクワクする完璧な演奏から、いずれの時期も最上級のオルケスタであったことがわかります。Vol.12(1939 - 1940)は、歌手3人を抱え、エンターテイメント性がより前に出てきた時期でドナート3兄弟の印象的な作曲作品も多数収められており、高い演奏力はそのままに、あらゆる才能を結集した総合芸術的な表現になっています。この2枚のCDでの4年の間、グラデーションのように表現が変化していく様子は圧巻です。


月刊ラティーナ2017年10月号掲載

(飯泉昌宏)


カートに入れる:

  • モデル: BATC 89278


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.405 - Number of Queries: 221 - Query Time: 0.072448333435059