MIGUEL ANGEL BERTERO
CIEN POR CIENTO TANGO ARGENTINO
ミゲル・アンヘル・ベルテーロ
シエン・ポル・シエント・タンゴ・アルヘンティーノ

2,160円

録音年 2016年 アルゼンチン録音 RGS


曲目
1. Café la humedad
2. Concierto en la luna
3. Caserón de tejas
4. Taquito militar
5. Mañana iré temprano
6. Pedacito de cielo
7. Divina
8. Madreselva
9. Poema en gris
10. Oblivion


100%アルゼンチン・タンゴ! 1947年生まれのヴァイオリニストはず〜っとクラシカルの世界で演奏してきて、タンゴはレコーディング・セッションでストリングスを増強するときに呼ばれていたという異邦人。タンゴ界にどっぷり浸かったのはフォーエヴァー・タンゴからで、2010年にタンゴで初CDをリリース、これがたぶん3作目のはずだ。で、100%タンゴ、自信作だろう。編成はタンゴの弦楽オーケストラで、基本的にはミゲル・アンヘルのヴァイオリンをたっぷり魅せるアレンジだ。選曲は、恩人オスバルド・ベリンジェリ(2)、アイドルのエンリケ・フランチーニゆかりの(4)(5)(6)、あとは好きな曲だろうか。しみじみ良いなあと思うのは(5)。失恋と孤独感を深く憂いのトーンで、ほぼフル・コーラスを独りで歌いきる。アストル・ピアソラ(10)も期待通りの演奏だ。全10曲31分というコンパクトな構成で、この腹八分目感が絶妙で、聴き終わった後にもう一度聴きたいと思わせる。





月刊ラティーナ2017年4月号掲載

(山本幸洋)


売り切れ
  • モデル: RGS 18562


Copyright © 2017 Latina Online
Parse Time: 0.424 - Number of Queries: 213 - Query Time: 0.090596848342895