ZÉ RENATO, JARDS MACALÉ, GUINGA, MOACYR LUZ
DOBRANDO A CARIOCA
ゼー・ヘナート、ジャルズ・マカレー、ギンガ、モアシール・ルス
ドブランド・ア・カリオカ

2,090円

BISCOITO FINO

ギンガ、2019年4月待望の来日決定!

曲目
1. UM A ZERO  2. FAVELA  3. CACHACA ÁRVORE E BANDEIRA  4. NÊGA DINA  5. PICOTADO  6. ANJO DA VELHA GUARDA  7. CATAVENTO E GIRASSOL  8. VAPOR BARATO  9. O MAIS QUE PERFEITO  10. SINHÁ, SINHÔ  11. VOCÊ, VOCÊ  12. A SAUDADE MATA A GENTE  13. TOADA  14. ACERTEI NO MILHAR  15. CHÁ DE PANELA


 音楽界の“黄金の中盤”みたいなこのスーパーユニットのスタートは99年。ジョアン・カエターノ劇場の定番シリーズ「セイズ・イ・メイア」のために結成(?)され、17年の時を経て今回2015年12月のライヴが音源/映像化となった。まずはピシンギーニャの 1. 。ともするとボールを持った瞬間に自身でゴールを狙う国民性の国において、これぞ黄金の中盤、見事なパスワークの後での華々しいゴールがたまらない。その後も先達へのオマージュと各々の代表曲でパスを繋ぐ様は、全てのブラジル音楽ファンで共有したい美しさだ。とろけるような甘い声でブラジルの歌ごころを伝え続けるゼー・ヘナート、全世界のインスト奏者からの敬愛を受け続けるギンガ、低音美声の“もう一人のトロピカリスタ”、ジャルズ・マカレー、そしてサンバ界の裏番長であるモアシール…歌声と演奏から滲み出る、四者四様のカリオカとしての生き様を感じられたし。


月刊ラティーナ2017年2月号掲載

(船津亮平)


カートに入れる:

  • モデル: BF 4282


Copyright © 2021 Latina Online
Parse Time: 0.570 - Number of Queries: 225 - Query Time: 0.09538807106018