PEDRO LAURENZ
OBRA COMPLETA VOL.3
ペドロ・ラウレンス
オブラ・コンプレタ VOL.3

2,200円


曲目
1. MILONGA DE MIS AMORES  2. COMO EL HORNERO  3. MUCHACHOS, MI ÚLTIMO TANGO  4. EL CRIOLLITO ORIENTAL  5. LLUVE OTRA VEZ  6. MÁS SOLO QUE NUNCA  7. TEMBLANDO  8. LA MADRUGADA  9. CORAZÓN QUE ME MALTRATAS  10. NARANJO EN FLOR  11. ME ESTÁN SOBRANDO LAS PENAS  12. ESTA NOCHE AL PASAR  13. BARRIO TRANQUILO  14. NADA MÁS QUE UN CORAZÓN  15. TRENZAS  16. MENDOCINA  17. PIEDAD  18. LA BEBA  19. AMURADO  20. MALA JUNTA


 ラウレンス(1902-72)は、18才で一流のバンドネオン奏者として活動し、1925年にデカロ6重奏団に入って、力強く多彩なタンゴ表現の、現代につづくバンドネオンの正道スタイル・手法を確立した(彼自身は、すべての奏法をアローラスが持っていたという)。また最高級の完璧なタンゴの数々を作曲してきた。37~43年ビクトルで、43~47年オデオンで、自身のオルケスタ・ティピカをひきいて録音。特に、ラウレンスがリードするバンドネオン・セクション、ピアノ(エクトル・グラネー)が実にみごとだ。残念なのは、歌手に魅力がないこと(巨匠ラウレンスのもとでぜひ歌いたいと短期間だったが薄給で参加したポデスタを除いて)。曲目のほとんどは当時の話題になったもので、また今日もスタンダードといえるものが少なくない。音質には不満があるけれど、仕方ないです。内容の力強さに圧倒されて聴きましょう!


月刊ラティーナ2017年1月号掲載

(高場将美)


カートに入れる:

  • モデル: BATC 89256


Copyright © 2021 Latina Online
Parse Time: 0.486 - Number of Queries: 225 - Query Time: 0.076181118255615