LUCIO DEMARE
OBRA COMPLETA 1938-1942 VOL.1
ルシオ・デマーレ
オブラ・コンプレタ 1938-1942 VOL.1

2,200円

録音年 1938-1942年 アルゼンチン発売録音 BUIENOS AIRES TANGO CLUB


曲目
1. La Racha  2. Telón  3. La Esquina  4. Din Don  5. Negra María  6. Color De Rosa  7. Malena  8. Tortazos  9. Al Compás De Un Tango  10. Ribereña  11. El Naranjerito  12. Un Tango Guapo  13. Nunca Supe Porqué  14. Mañana Zarpa Un Barco  15. Soy Muchacho De La Guardia  16. Milonga En Rojo  17. No Te Apueres Carablanca  18. Sorbos Amargos  20. Canción De Rango


 ピアノ奏者デマーレ(1906-74)は、1926年からフランシスコ・カナロの代理として(同楽団の実質的な音楽監督だったピアニスト、リカルディはデマーレのいとこ)、ほどなく2歌手と共同でタンゴ楽団をひきいて、パリなどに定住して活動した(録音もある)。約10年後に帰国し、バンドネオン奏者だったが一流の映画監督になった兄の作品に音楽を書いたりした後、オルケスタ・ティピカを結成。その最初の録音から年代順に追っていこうという企画がこれだ。楽団は1940年代の新しいタンゴ表現法、洗練されてリズムが安定した、オルケスタ・ティピカの最高級のひびき――たとえばトロイロ楽団のような――をもち、ダンスのための演奏だけど、劇的な表情ゆたかで聴く楽しみもたっぷり。タンゴ歌曲の最高級の作曲家である彼の自作や、同時代の新鮮なタンゴやミロンガ、そして時に古典曲を若々しく……いい曲ばかりですよ。


月刊ラティーナ2016年12月号掲載

(高場将美)


カートに入れる:

  • モデル: BATC 89261


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.420 - Number of Queries: 225 - Query Time: 0.064918136367798