FRANCINI-PONTIER
DISCOGRAFIA COMPLETA VOL.1
フランチーニ=ポンティエール
ディスコグラフィアコンプレタ1

2,200円

録音年 1946-1947年 アルゼンチン発売録音 BUENOS AIRES TANGO CLUB


曲目
1. MARGO  2. SIRVA OTRA COPA  3. QUé ME VAN A HABLAR DE AMOR  4. EL MISMO DOLOR  5. REMOLNO  6. TRAPITOS  7. CON ELLA EN EL MAR  8. EL MILAGRO  9. ARRABAL  10. COBRATE Y DAME EL VUELTO  11. Alma de bohemio  12. PICHUCO  13. MILONGA DE ESQUINA  14. LA CUMPARSITA  15. SIN PALABRAS  16. ADIóS MARINERO  17. LA YUMBA  18. A SU MEMORIA  19. Y DICEN QUE NO TE QUIERO  20. DéJAME, NO QUIERO VERTE MAS


 1945年から55年まで双頭楽団として活躍した、通称フラ=ポン。天衣無縫な天才ヴァイオリン奏者エンリケ・フランチーニを、堅実な経営者でもあったバンドネオン奏者アルマンド・ポンティエルが、編曲面を含めて支えた。出身であるミゲル・カロー楽団の流れを汲みつつ、端正にしてスリリングな演奏を展開した彼らが46年以降RCAに残したのは、全部で118曲。LP時代には未復刻曲もあって収集が大変だったが、2002〜05年の間にユーロがCD6枚に全曲を集大成してくれたおかげで、大いに助かった。そして今回は全曲を録音順に並べ直そうというもの。昨年末に亡くなったアルベルト・ポデスタの若々しい歌声が聴けるが、とりわけ 11. の熱唱は語り草だ。ラウル・ベロン、47年にポデスタと入れ替わりで参加するロベルト・ルフィーノもいい。インスト3曲のうち 12. はトロイロに捧げたポンティエル作品。プグリエーセの代名詞 17. に果敢に挑戦する姿も美しい。


月刊ラティーナ2016年10月号掲載

(斎藤充正)


売り切れ
  • モデル: BATC 89222


Copyright © 2020 Latina Online
Parse Time: 0.576 - Number of Queries: 227 - Query Time: 0.079379007293701