MICHELE LEAL
PEIXE
ミシェリ・レアル
ペイシェ

2,640円

Independente


曲目
1. Morena Marina (Marcelo Padula E Michele Leal) 2. Serpente Maravilha (Michele Leal E Marcos Lacerda) 3. Nós (Alan Athayde E Marcelo Padula) 4. Mermão (Marcelo Padula E Michele Leal) 5. Peixe (Michele Leal E Angela Sugai) 6. Cantiga Pra João (Marcelo Padula, Alan Athayde E Michele Leal) 7. 7X1 (Marcelo Padula) 8. Santa Praga (Michele Leal) 9. Praça Onze (Grande Otelo E Herivelto Martins) 10. Sossego (Marcelo Padula, Vicente Nucci, Michele Leal E Alan Athayde)


 数年前、自作の「ジャカランダー」がテレビドラマの挿入歌に使われた、ミナス生まれリオ在住のシンガー/ソングライター、ミシェリ・レアル。初のフル・アルバムは、先月号のリオの音楽特集でフィーチャーしたドメニコのプロデュースだ。愛らしい歌声の主が多い、元"+2"周辺の女性歌手と比べると、ミシェリの伸びやかな歌声には遠心力があり、野性的な魅力も備えている。ミナス濃度が全開の 2. 、アヴァン・サンバの 3. 、マラカトゥ調のタイトル曲 5. など曲想は多彩ながら、バンド・スタイルで録音したことに起因する統一感がある。ドメニコのリズム・クリエイターぶりは、多くの曲でドラムスを別のメンバーに任せていることもあってやや控えめだが、唯一のカヴァー曲9(40年代のカーニヴァルのサンバ)で本領発揮。 10. にはジャキス・モレレンバウムが参加している。オルタナ×オーガニックのバランスも良い佳作。





月刊ラティーナ2016年9月号掲載

(中原 仁)


カートに入れる:

  • モデル: LATINA ML01


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.357 - Number of Queries: 225 - Query Time: 0.064228410125731