OSMAR MADERNA
DISCOGRAFIA COMPLETA NO.1(1946-1947)
オスマール・マデルナ
ディスコグラフィア・コンプレタ NO.1(1946-1947)

2,530円

録音年 1946-1947年 アルゼンチン録音 Buenos Aires Tango Club

再入荷!

曲目
1. MARGO
2. VIEJO CALAVERA 
3. CHIQUé 
4. solo cerazón 
5. mientras duerme la ciudad 
6. el vuelo del moscardón 
7. malva 
8. chiqué 
9. CONCIERTO EN LA LUNA 
10. DON JUAN 
11. UNA VEZ 
12. PAJARITO VIAJERO 
13. GRACIAS 
14. TARDE GRIS 
15. REBELDIA 
16. OJOS NEGROS 
17. INútil 
18. Margarita gautier 
19. TIEMPO 
20. LOCA BOHEMIA


 先月号のA・ゴビに続いてBATCから今度はO・マデルナの完全ディスコグラフィという嬉しいシリーズの始まりだ。Vol.1はまず1946年、SONDORでの初録音から4曲。続いてVICTORに移ってからの16曲。47年3月20日までとなっている。当時のウルグアイとアルゼンチンの録音技術の違いがよく分かる。残りは36曲なのですぐに続編を期待したい。この盤ではマデルナ自作の9.が目玉である。次回に出るであろう「降る星の如く」と並ぶ傑作である。マデルナの流麗なピアノが堪能できる。3.と8.の「チケ」の聴き比べも面白い。39年、21才の時からM・カロー楽団のピアノを5年間務め、彼の名声を確立した。51年4月、マデルナが自家用飛行機の事故で夭折した後は、52年からA・ロジェーロが楽団を続け、49曲の録音が残っているがそれもこのシリーズに入るかは興味深いところ。黄金時代の演奏で踊るにも最適の演奏だ。


月刊ラティーナ2016年9月号掲載

(飯塚久夫)


カートに入れる:

  • モデル: BATC 89218


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.372 - Number of Queries: 225 - Query Time: 0.071344268417358