CARLOS SOUZA
OTROS TIEMPOS
カルロス・ソウサ
オートロス・ティエンポス

2,310円

UTOPIA


曲目
(VOL.1) 1. Nobleza de Arrabal (feat. Orquesta de Armando Lacava) 2. Aquel Muchacho Triste (feat. Guitarras Argentinas) 3. El Trovero 4. La Mentirosa 5. Mi Sonora Compañera 6. En Tu Tranquera 7. En Lo de Laura 8. Serenata del Ayer 9. El Picaflor del Oeste 10. Olvidarte y Vivir 11. La Entristecida 12. Milonga de Mis Amores 13. Mano Blanca 14. Enamorado Volveré 15. Tiemble Entre Mis Manos la Guitarra (VOL.2) 1. Llamame Tango 2. La Noche Me Hizo Cantor 3. Tu Vieja Ventana 4. La Piel de Buenos Aires 5. Zaraza 6. Virgen Serrana 7. Puentecito de Mi Río 8. Saludando la Alborada 9. En Blanco y Negro 10. Bésame en la Boca 11. El Adiós 12. Temblando 13. Barrio Reo 14. Estampa Pampeana 15. Se Llama Mujer 16. Durazno a 40 el Ciento


 カルロス・ソウサは、高めの声域でフォルクローレの味もこめた節回しを聴かせる男性歌手。イグナシオ・コルシーニの流れを汲む歌唱を目指したのだろう。09年と13年にもアルバムをリリースしているが、本盤は80年前後の録音の復刻を中心とした2枚組だ。歌唱スタイルを生かす渋い選曲には自作も含む。アルマンド・ラカバ率いるオルケスタ(オスバルド・モンテス、フリオ・パネ、アントニオ・アグリ、オマール・ムルタらの豪華メンバー)の晴れやかな伴奏によるアルマリ・レーベルへの79年録音(インスト2曲はカット)を2枚にわたって配し、それと組み合わせて、カルロス・ペラルタとエルネスト・ビジャビセンシオのギター・デュオ伴奏による81年録音とラファエル・ブレシアのギター伴奏(多重録音?)による84年録音を収録。濃いタンゴ性に溢れるギター・コンフントのサウンドが歌を絶妙に引き出していく。13年録音2曲も追加。


月刊ラティーナ2016年5月号掲載

(鈴木一哉)


売り切れ
  • モデル: D 804


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.363 - Number of Queries: 227 - Query Time: 0.06502059197998