WALTER RIOS
WALTER RIOS CELEBRA A TROILO
ワルテル・リオス
ワルテル・リオス・セレブラ・ア・トロイロ

2,310円

録音年 2014年 ブエノスアイレス録音 Discos Río de la Plata

トロイロに捧ぐ

曲目
1. Che Bandoneon (solo de Bandoneon) 2. Toda mi Vida (con Cristian Zarate en Piano ) 3. Maria (con Ruben "Mono" Izarrualde - Flauta Traversa y voz) 4. Garúa (con Luis Salinas - Guitarra) 5. La Cantina (solo de Bandoneon) 6. Contrabajeando (con Pablo Motta - Contrabajo) 7. Desencuentro (con Jesus Hidalgo - Voz) 8. Romance de Barrio (con Franco Luciani) 9. Una Cancion (con Esteban Prentki - Violin) 10. Sur (con Miguel Angel Tallarita - Augel y trompeta) 11. La Ultima Curda (con Mariel Dupetit - Voz) 12. Barrio de Tango (Walter Rios, Duo con los Bandoneones de Troilo y Piazzolla) 13. Responso (Walter Rios Bandoneon. Cristian Zarate en Piano, Pablo Motta Contrabajo, Ricardo Lew Guitarra, Esteban Prentki Violin) 14. El Motivo (con Ricardo Lew - Guitarra)


 2014年に生誕100年を迎えるアニバル・トロイロに捧げて12年に制作された『トロイロ・コンポシトール』(プロデュースは本作同様ガブリエル・ソリア)にも参加していたワルテル・リオスによる、愛情溢れるトロイロ作品集( 14. を除く)。自身のソロと様々なゲストとのデュオ中心の構成は、やはりソリアが制作したホセ・コランジェロの新作にも通じる。どの共演者も素敵だが、フォルクローレのモノ・イサルアルデ( 2. 、フルートと歌)、ジャズのミゲル・アンヘル・タジャリータ( 10. 、フリューゲル・ホーンとトランペット)といった他ジャンルの名手とのコラボがとりわけ印象的。リオスは本録音で1967年にピアソラから譲られたバンドネオンを使用しているが、自身による多重録音 12. ではその楽器と、『トロイロ・コンポシトール』でも使用したトロイロが実際に使っていたバンドネオンによる仮想デュオという粋な演出がなされ、それだけでも泣ける。


月刊ラティーナ2016年4月号掲載

(斎藤充正)


売り切れ
  • モデル: RDLP 7819011


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.345 - Number of Queries: 227 - Query Time: 0.063058409423828