RENATA JAMBEIRO
FOGAREU
ヘナータ・ジャンベイロ
フォガレウ

2,160円

Fina Flor

71年にジョビンとヴィニシウスが発表した「Canto de Oxum」に再びを息を吹き込んだ

曲目
1. Levanta  2. Xequeré  3. Amor Brasileiro  4. Canto de Oxum(part. Nilze Carvalho e Fabiana Cozza)  5. Cantiga pra Ninar Meu Namorado  6. Fogaréu  7. Dança de Oyá  8. O Tocador é Bom  9. Migalha  10. Pra Curar Dor de Amor  11. Coroné Antonio Bento(part. Chico César-voz e Carlos Malta-pífano)  12. Vovó Teté


 クララ・ヌネスの稀代の名作、カント・ダス・トレス・ハサズ、3つの民族の歌とイメージが重なる。凛とした歌いぶりのためか、特徴的なコンガの音色やアコーディオンによるためかもしれない。クララの作品のタイトルが示すようにブラジル音楽の混血性を表していることも符合する。北東部の要素についても同様だ。アシェー発生後にクララがアルバムを作ったらこんな感じになるように思えたりする。ネイ・ロペスのサンバ 2. はルイス・バルセロスのキレキレのバンドリンが見事。トッキーニョ&ヴィニシウスの 4. は、ニルゼ・カルヴァーリョとファビアーナ・コッサがゲスト。ニコラス・クラシッキのヴァイオリンもサウンド全体に彩りを与えている。ヘピーキ、スザーノ的パンデイロと絡む 8. も面白い。ハチロクの導入部のあるサンバ 10. も良い。随所にあるバイーア・ポップ風のキャッチーなメロディ・ラインやブレッキで気分も揚がる。





月刊ラティーナ2016年4月号掲載

(ノビオ)


カートに入れる:

  • モデル: FF 057


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.636 - Number of Queries: 221 - Query Time: 0.076310787918091