FERNANDO TELL
MEMORIA MUSICAL ROSARINA
フェルナンド・テル
メモリア・ムシカル・ロサリナ

2,750円

録音年 2006年 アルゼンチン録音 EMR

軌跡の再入荷盤です!

曲目
1. Amagando  2. La cumparsita  3. El huracán  4. Japon, Japon  5. La ultima copa  6. Miriñaque  7. Sentimiento gaucho  8. Susanita  9. Tiempos viejos  10. Corazon de oro  11. El lloron  12. Don juan  13. tomando mate en japon  14. suiyokai  15. Quejas de bandoneon  16. Palomita blanca  17. inspiracion  18. la trampera  19. griseta  20. el porteñito  21. amagando  22. el choclo  23. la tablada  24. mi dolor FERNANDO TELL (bn),Kawauchi tosiaki (gt), kasahara kisaburo (cb)


 F・テルは日本タンゴ界にとってかけがえのない人である。1921年サンタフェ州に生まれ、ロサリオに出てホセ・サラの下で腕を磨いた。E・ドナート、A・ピアソラ楽団の後、49年にはA・トロイロ楽団にも参加。O・フレセド楽団を経て61年来日、63年まで滞在。54年のJ・カルダーラ、J・カナロ、59年のR・フランシアに次ぐ本場からの来日。新宿「シャンテ」のステージ、そしてラジオ、テレビで本場感覚を伝えてくれた。とりわけ本CDの中の1.~14.は日本で残した記念すべき録音。ギターにO.T.東京メンバーの河内敏昭が参加。1.4.13.14.はテルの自作で4.は自身が歌っている。14.は1955年設立のタンゴ愛好会「すいよう会(現在のタンゴ・スエニョス会、本年10月で716回目のレココンを実施)」のために捧げた曲(本誌2002年9月号「湯沢修一氏を偲んで」参照)。 14. 後半~ 24. は82年ロサリオ録音のbnソロ。本盤は2000年にロサリオ(そこで95年没)でリマスタされて発売されたものの再発。


月刊ラティーナ2015年12月号掲載

(飯塚久夫)


売り切れ
  • モデル: MMR 001


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.381 - Number of Queries: 207 - Query Time: 0.067711866043091