DANI GURGEL E NOVOS COMPOSITORES
AGORA
ダニ・グルジェル・イ・ノヴォス・コンポジトーリス
アゴーラ

2,530円

BORANDÁ

21世紀のブラジル音楽100選 -20人が選んだ「後世に伝えたい」名盤-

曲目
1. Linha na Pipa (com Vinicius Calderoni) 2. Clinch (com Danilo Moraes e Ricardo Teté) 3. Da Onde Vem (com Dani Black) 4. De Casa (com Léo Versolato) 5. Depois (com Tatiana Parra) 6. Lé com Cré (com Leo Bianchini e Tó Brandileone) 7. Quem Dera (com Demetrius Lulo e Wagner Barbosa) 8. Rei Xangô (com Ricardo Barros) 9. Bate Pilão (com Rafa Barreto)


【21世紀のブラジル音楽100選 中原 仁さん選出】
かつてエリス・レジーナを筆頭とする女性歌手たちが同世代のコンポーザーとその作品をいち早く世に紹介してきたことが、MPBの発展につながった。その発想を現代にアップデートしたのがダニ・グルジェル。サンパウロを拠点にライヴのシリーズからスタートして本作を発表した時点では、彼女を含めまだ無名だった新人たちが、今では次々にリーダー作を発表するまでになった。このサークルが母体とも言えるグループ、シンコ・ア・セコをはじめ、今後ますます才能あふれる新世代の活躍が期待できる。そういう意味でも本作は時が経てば経つほど価値が増す、新たな胎動の出発点であり、現代のトロピカリアやクルビ・ダ・エスキーナに位置づけることも出来るが、往年のMPBとは異なり完全なインディーズ企画であることも現代の音楽シーンを象徴している。





月刊ラティーナ2014年11月号掲載

売り切れ
  • モデル: BA 0006


Copyright © 2021 Latina Online
Parse Time: 0.532 - Number of Queries: 227 - Query Time: 0.080659317428589