ARIEL ARDIT ORQUESTA TIPICA
ANIBAL TROILO 100 AÑOS
アリエル・アルディット・オルケスタ・ティピカ
アニバル・トロイロ100周年

2,420円

録音年 2014年 ブエノスアイレス録音 ALFIZ

オルケスタ・エル・アランケ出身のアリエル・アルディトがピチューコに捧げる

曲目
●曲目 1. TODA MI VIDA 2. TE LLAMAN MALEVO 3. PATIO MIO 4. GARUA 5. ROMANCE DE BARRIO 6. PA´ QUE BEILEN LOS MUCHACHOS 7. MI TANGO TRISTE 8. LA CANTINA 9. CHE BANDONEON 10. LA TRAMPERA 11. MARIA 12. VALSECITO AMIGO 13. SUR 14. TOTAL PA´ QUE SIRVO 15. LA ULTIMA CURDA 16. DESENCUENTRO ●演奏:Andres Gabriel Linetzky (Pf,direccion),Ramiro Boero(1°Bn),Yuki Okumura (2°Bn),Pablo Amado (3°Bn),Nicolás Capsitsky(4°Bn),Ramiro Gallo(1°Vl), Jorge Alejandro Schaikis (2°Vl)Jorge Caldelari(2°Vl),Luis Sava(2°Vl),Pedro Pedroso(3°Vl),Clara Nardozza(Vla),Pablo Guzmán(Cb) 10. 17. のみPablo Fahat(1°Vl),Mariana Atamás(3°Vl)


歌手アリエル・アルディトによるアニバル・トロイロ生誕100周年記念アルバム。1974年コルドバ出身のアルディトはオルケスタ・エル・アランケに参加し2002年、2005年に来日した後、ソロ歌手として活動をはじめ、2010年頃からピアノのアンドレス・リネツキーに伴奏楽団をまかせ、現在ほぼ唯一自己のオルケスタ・ティピカをもつ歌手となっている。もちろん全曲トロイロの作曲で、ミロンガ 10. のみ器楽演奏。バンドネオン4(トップはラミロ・ボエロ)、バイオリン5(トップはラミロ・ガージョ)、ビオラ、ピアノ、コントラバスという黄金時代を髣髴とさせるサウンドをバックに(リネツキーの現代的センスも十分生かしつつ)、時に軽妙、時にドラマティックに語っていく。普段から1940年代までのレパートリーを中心に歌っているので、この企画はピッタリだ。アルディトがもつ生来の明るさもいいバランス。最後の1曲はトロイロに捧げた新曲。


月刊ラティーナ2015年9月号掲載

(西村秀人)


カートに入れる:

  • モデル: SONY5031422


この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。


Copyright © 2020 Latina Online
Parse Time: 0.515 - Number of Queries: 200 - Query Time: 0.068891504577636