COQUI ORTIZ
LA PALABRA ECHA A VOLAR EN EL CANTO
コキ・オルティス
ラ・パラブラ・エチャ・ア・ボラール・エン・エル・カント

2,640円

録音年 2014年 アルゼンチン録音 SHAGRADA MEDRA

詩と歌の絶妙な融合

曲目
1. La Palabra Echa A Volar En El Canto  2. Coplero  3. Infancia  4. Fuente  5. Pueblo  6. Arbolito Del Querer  7. Seis Coplas De Mocedad  8. Soldadito De Plomo  9. Canciones Del Amor Ingenuo  10. Mi Libertad  11. Por Un Sendero  12. Elegia Para Un Niño


 ”詩と音楽は双子の姉妹のようなもの”アルゼンチン・チャコ州出身のSSWギタリスト、コキ・オルティスの9年ぶりの新作。shagrada medraからリリースされた『En Grupo』(02)『Parece Pajarito』(05)に続き、影響を受けた故郷の詩人アレド・ルイス・メロニと、より親密に制作された本作は、本人を迎えたポエトリー・リーディングとピアノにカルロス・アギーレを迎え、歌とギター、ピアノのシンプルな編成で美しい世界を構築。どこか谷川俊太郎の「詩と音楽」に通ずるものを感じる。チャコの州都レシステンシアといえば”屋外の博物館”と例えられる芸術性の高い街。コキがディレクションを努める地元のカルチャーセンターでは、商業的ではなく時代の流れにとらわれない自由な活動がなされ、このような詩作がリリースされることによって人々の創造の豊かさまで伝わってくるようだ。


月刊ラティーナ2015年7月号掲載

(中村信彦)


売り切れ
  • モデル: SHCD 55


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.370 - Number of Queries: 227 - Query Time: 0.063120635513305