OSVALDO FRESEDO
LOS MEJORES INSTRUMENTALES 5
オスバルド・フレセド
ロスメホーレスインストゥルメンタレス

2,530円

録音年 1950-55年 アルゼンチン録音 BUENOS AIRES TANGO CLUB


曲目
●曲目  1. Para Lucirse 2. Mi Viejo Reloj 3. A La Parrilla 4. El Once 5. Porqué 6. El Espiante 7. La Virtua 8. Milonguero Viejo 9. Re Fa Sí 10. Derecho Viejo 11. De Acadmia 12. Sueño Azul 13. Todo Corazón 14. Bahía Blanca 15. Taconeando 16. Pimienta 17. Que Noche 18. Golondrinas 19. Soledad 20. El Flete


 ブエノスアイレス・タンゴクラブのオスバルド・フレセド、1927~28、37~39、42~45年録音が発行されているところであるが、今回は50~66年録音。原盤ではコロンビア第一期、オデオン第二期、CBSコロンビアとまたがる。1922年から58年間にわたる録音歴、録音総曲数1200曲というフレセドの晩年の演奏である。20年代後半の所謂DNO時代の迫力ある名録音に比較してこの時期の演奏は何とも甘すぎて好みの分かれるところであるが、音質が向上したことと相俟ってフレセドの落ち着いた演奏は魅力深いものもある。曲目はV.グレコ、E.アローラス、A.バルディといった古典の名曲もあるが、A.ピアソラの傑作 1. も演奏したりするところがフレセドの時代の流れを読む立派なところであろう。 8. 以降はCBS録音で、この時期になるとLP盤で発売された。この後80年まで録音を続け、84年、87歳で他界した偉大なマエストロであった。


月刊ラティーナ2015年6月号掲載

(飯塚久夫 )


売り切れ
  • モデル: BATC 89175


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.403 - Number of Queries: 227 - Query Time: 0.064962927322388