FRANCIS VICTOR WALTER HIME
NAVEGA ILUMINA
フランシス・ヴィクトル・ヴァルテル・ハイミ(フランシス・ハイミ)
ナヴェガ・イルミナ

2,750円

SELO SESC

ハイミの新作がすごいことになっている

曲目
1. Amorosa 2. Ilusão 3. Maria da Luz 4. Mistério 5. Navega Ilumina 6. Cecília – Fantasia para Harpa e Orquestra 7. Canção Noturna 8. Beatriz - Choro Seresta 9. Sessão da Tarde 10. Breu e Graal 11. Canção Apaixonada 12. Isabel – Fantasia para Violino e Orquestra




現地の評判も良くどんなものかと期待して聴き始めたが、これは口うるさいMPBファンさえも満足させてしまう怪盤/名盤だ。「マエストロ!」フランシス・ハイミのいぶし銀の才能を存分に堪能できる。近年のハイミの作品から想像していたよりカラフルな作品だと率直な印象も述べておきたい。前作に遡ると、盟友ギンガと2人の歌と演奏で(即ちギンガのギターとハイミのピアノ)、各々の作品の中から最も味わい深い曲群を取り上げた親密なアルバムであった。今作は全曲未発表の新曲で占める。サンバ・エンヘードから、クラシック音楽の曲だと言いたいようなオーケストラ楽曲まで、多様な楽曲が並ぶ。 3. はヴィニシウスとハイミによる正真正銘の新曲だが、バレーのテーマを念頭にハイミのために用意していた歌詞を再発見し、今改めて曲を付けた。そんな歴史的に貴重な含め、隅々まで全編一級の仕事ぶり。これは愛聴してしまう。


https://www.youtube.com/embed/qOCrWkRe2QQ


月刊ラティーナ2015年6月号掲載

(花田勝暁)


売り切れ
  • モデル: CDSS 005914


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.341 - Number of Queries: 227 - Query Time: 0.064311526794434