ANITA AYRES GOMES
ENCONTROS NARA LEÃO
アニータ・アイレス・ゴメス
エンコントロス・ナラ・レオン

3,080円

AZOUGUE

ナラ・レオンのもっていた断固とした前向きさが読み取れるインタビュー集

曲目
Apresentação, por Anita Ayres Gomes / Demoimentos no MIS(1977) / Profumo tinha razão(1963) / Nara de uma bossa só(1964) / Nenhum dos três muda de opinião(1965) / Nara é de Opinião: esse exército não vale nada(1967) / Chico e Nara falam de amor(1967) / As grandes rivalidades - Elis Regina e Nara Leão(1967) / "Resolvi assumir o medo para voltar a cantar"(1973) / Opinião de Nara Leão(1973) / "Eu nunca gostei de cantar"(1977) / "Meu trabalho sempre surpreendeu as pessoas"(1978) / "Cansei de ser moderna"(1980) / Nara, num momento especial(1981) / Romance popular(1981) / Nara Leão, a ex-musa da bossa nova e seu samba encabulado(1983) / "Cantar torna as pessoas mais felizes"(1987) / Cronologia


60年代から80年代のブラジルのミュージックシーンで、欠かせない存在だったボサノヴァのミューズ、ナラ・レオン。エスピリトサント州ヴィトーリア生まれの“カピシャーバ”は、生後間もなくリオデジャネイロへ引っ越し、リオで育った。勇敢で賢く社会的関心の高かったナラは、巧みなスタイルで自らの文化活動を、政治や社会に絡めて行った。この本には、彼女がうけたいくつものインタビューのなかから特に重要な15のインタビューが集められている。彼女の発言から、彼女が自らの世代が直面する課題に対し、断固とした前向きさをもっていたことがよくわかる一冊だ。

“芸術家であることと、そうでないことの違いがなんだかよくわからない。人々に表現の機会を与えれば、誰だってそれぞれの芸術性を発揮するものよ。だから、誰だって芸術家になりうるのだと思う。何が違うかと言えば、その表現が、商業の体系にのっとっているかどうかで、往々にして人は、消費と芸術表現を混同してしまうのだと思う。”


月刊ラティーナ2015年4月号掲載

(Lissa)


カートに入れる:

  • モデル: AZOUGUE NARA


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.369 - Number of Queries: 225 - Query Time: 0.066751905960082