ANIBAL BERRAUTE
TANGO FUSION AS TANGOES BY
アニバル・ベラウテ
タンゴフュージョンアズタンゴーズバイ

2,420円

録音年 2013年 ブエノスアイレス他録音 Epsa


曲目
●曲目 1. ボルドナソ〜カンドンベ 2. タンゴ・エン・シエテ 3. アズ・タンゴエス・バイ 4. ロマンサ 5. オン・グリーン・ドルフィン・ストリート 6. エントレ・オンブレス 7. エエルナ 8. タコネアンド 9. 秋のミロンガ 10. コンシエルト・デ・ナカル ●演奏:アニバル・ベラウテ(p)、ワルテル・リオス(bn)、川波幸恵(bn 8. 10. )、フェデリコ・ブリトス(vn)、レンエル・リベーロ(b)、パキート・デリベラ(cl 6. )、ルベン・ブラデス(per 1. )、他


 アニバル・ベラウテは、85年のモーレス楽団参加をきっかけにタンゴ界で活動するようになり、ラビエ、トレージェスなど多くのタンゴ歌手の伴奏を担当してきたピアニスト。ワルテル・リオス(bn)、フェデリコ・ブリトス(vn)らの名手が参加する自身の五重奏団タンゴ・フュージョンは、ピアソラ以後のモダン・タンゴにカンドンベ、ジャズ、ラテンなど様々な要素を融合したドラムス入りスタイルだ。リズム的に凝りまくった編曲のマフィア作 8. とピアソラの螺鈿協奏曲から抽出して小編成化した 10. のみバンドネオンに川波幸恵が参加しており(好演!)、その他は 5. がジャズ・スタンダードのタンゴ化である以外すべてベラウテ自作。 1. ではルベン・ラダをゲストに招いたカンドンベをサルサで活動するチェイト・キニョネスが歌う。 2. は7拍子のタンゴ。ガルデルの出生がテーマのタンゴ・オペラからの 6. にはパキート・デ・リベラ登場。


月刊ラティーナ2014年9月号掲載

(鈴木一哉)


カートに入れる:

  • モデル: EP 167402


この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.359 - Number of Queries: 200 - Query Time: 0.062350023620606