FRANCISCO CANARO
INVIERNO
フランシスコ・カナロ
インビエルノ(1937年)

2,160円

録音年 1937年 アルゼンチン録音 BUENOS AIRES TANGO CLUB

※CD-R盤

曲目
●曲目 1. ドン・アルバロ 2. ミラグロ 3. ケ・ナディエ・セ・エンテレ 4. ミロンガ・デ・ミス・アモーレス 5. ノ・カンテス・エセ・タンゴ 6. ナイフで一突き 7. なぜか問わないで 8. コポ・デ・ニエベ 9. セ・ロ・ジェバロン 10. 汚れた顔 11. プラ・ミロンガ 12. インビエルノ 13. ミロンガ・デ・アンターニョ 14. ビエホス・ティエンポス 15. ラス・クアレンタ 16. 宣告 17. ラ・ノーチェ・ケ・メ・エスペレス 18. リンコン・フロリード 19. アルヘンティーナ 20. レクエルド・デ・パリス


 ブエノスアイレス・タンゴ・クラブによるディエゴン・ディスク・シリーズでF・カナロは既に3枚出されている。1933年、35~38年、41~43年である。そして今回の2枚は、1937年と38年である。さすがにこの頃になると、年間で80~90曲程度の録音となっており、年間300曲近くも録音した1920年代後半と比べると少ない曲数であるが、1915年から64年で3730余曲の録音を残したカナロの年平均録音数は保たれていた時期である。それも1930年代後半というタンゴにとっては試練の時期であっただけにさすがカナロと驚かずにはいられない。カナロいうと人によって好みの時期が分かれるところであろう。オデオンの原盤番号で4200番から4400番の1926年~28年あたりを圧倒的に好む人もいれば、来日時の1961年のスタイルを好む人もいる。その反面、途中のこの30年代というのは管楽器が多用されたりして、カナロの大衆迎合路線への変貌期ということで、そうした点でも好みが分かれる。しかし、改めて聴いてみると実に良い演奏も残されている。アンサンブルも決して悪くない。カンジェンゲな味を出すところは圧巻でもある。この2枚の歌手はロベルト・マイダである(39年からは35年4月まで在籍していたエルネスト・ファマに戻る)。37年ではH・ペトロッシ作でタイトルの「インビエルノ」やE・S・ディセポロの「コンデーナ」、5人兄弟の末弟M・カナロ作の「パリの想い出」などが実に素晴らしい。ミロンガでなくタンゴ・スタイルの「ラ・プニャラーダ」の初録音もある。38年ではM・P・ウエルゴの「別れ」、J・ダリエンソの「忍耐」「ナダ・マス」、F・ディチコの「別れのメロディ」、M・パルドの「ラ・マレーバ」、自作の「マドレセルバ」、C・ガルデルの「マノ・ア・マノ」と名曲(名演と言ってもよかろう)が続く。そしてこの時期、ダリエンソが『踊り手の足にタンゴを取り戻した』と言われるが、この時期のカナロも実にダンスに相応しい。


月刊ラティーナ2014年7月号掲載

(飯塚久夫)


カートに入れる:

  • モデル: BATC 89132


Copyright © 2019 Latina Online
Parse Time: 0.867 - Number of Queries: 221 - Query Time: 0.10230469776917