JUAN D'ARIENZO
COMPADRÓN
フアン・ダリエンソ
コンパドロン(1940-1944年)

2,200円

録音年 1940-1944年 アルゼンチン録音 BUENOS AIRES TANGO CLUB

※CD-R盤

曲目
●曲目 1. フロール・デル・マル 2. ミエド 3. ジャ・ロ・ベス 4. ディメ・ミ・アモール 5. エル・オリーボ 6. もう決して 7. やがて 8. 恥辱 9. ムチャチータ・ポルテーニャ 10. クラウディネッテ 11. ティランド・ア・マタール 12. 伊達男 13. エナモラード 14. タンゴ・ブルーホ 15. ジョ・キエロ・カンタール・ウン・タンゴ 16. シ・ラ・ジェガラン・ア・ベール 17. アギルチョ 18. 人は 19. リリアン 20. アマラス


 ダリエンソ楽団の専属歌手としてマウレーが録音した1940~44年の全50曲から20曲を選んだもの。マウレーは歴代のダリエンソ楽団専属歌手の中でソリストとして最も成功したと思うが、その反面、あまりダリエンソらしくないスタイルの持ち主だったとも言える。ガルデルの流儀に忠実で深く甘い歌声は、下町調で威勢よい歴代歌手たちとは一線を画す。その点はレパートリーにも顕著で、 4. 9. 10. 19. の甘い雰囲気は他の時代には少ない。しかし両者のバランスが良い 5. 6. 8. 12. 20. などはこの時期を代表する好演だ(「ウミジャシオン」「シカトリセス」がないのは残念)。1回目の楽団員脱退事件の後、バレーラとサラマンカの参加を得て楽団の立て直しを図っていたダリエンソにとってマウレーの獲得は大きな契機だったはず(ちなみにエクトル・マウレーという芸名、エクトルは当のバレーラから、マウレーはダリエンソの奥方の名字だそうだ)。


月刊ラティーナ2014年7月号掲載

(西村秀人)


カートに入れる:

  • モデル: BATC 89144


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.367 - Number of Queries: 225 - Query Time: 0.065713208908081