JUAN D'ARIENZO
ANDANZAS
フアン・ダリエンソ
アンダンサス(1944-1948年)

2,200円

録音年 1944-48年 BUENOS AIRES TANGO CLUB


曲目
●曲目 1. メ・グスタ・バイラール・ミロンガ 2. マグダラ 3. ア・パルセロ 4. パハロ・シン・ルス 5. セギメ・シ・ポデス 6. ラ・ペナ・デル・パジャドール 7. エル・ペンサミエント 8. アンダンサス 9. ラ・ガラルシタ 10. ロドリゲス・ペーニャで待ってるよ 11. チャパロン 12. 友よ、君の言うことはもっともだ 13. レングアス・デ・フエゴ 14. コントラルス 15. エル・ビエント・メ・クエンタ・コサス 16. グラン・ホテル・ビクトリア 17. ウナ・イ・ミル・ノチェス 18. パンパ・イ・ウエジャ 19. エテルナ 20. デレーチョ・ビエホ ●歌:アルベルト・エチャグエ 1. 3. 8. 10. 11. 12. 15. 18. 19. 、アルマンド・ラボルデ 2. 3. 4. 6. 13. 15. 17. 18.


本盤はブエノスアイレス・タンゴ・クルブによるフアン・ダリエンソ集で、CD-Rによるリリースである。収録されているのは1944~48年、いわゆるサラマンカ時代の中盤の録音。フルビオ・サラマンカのピアノの華麗なタッチ、エクトル・バレーラを中心とするバンドネオン陣の正確無比なテクニック、カジェタノ・プグリッシのバイオリンの泣きのフレーズ、そして全体の一糸乱れぬアンサンブルの妙で、同楽団が最も充実した時期を迎えようとしていた頃に相当する。収録された器楽曲 5. 7. 9. 14. 16. 20. はいずれも名演。また、アルベルト・エチャグエとアルマンド・ラボルデの下町風の歌唱は楽団の雰囲気にもぴったりで、聴いていて気持ちが良い。なお、本盤の編集に際してはノイズのカットをかなり行った模様。一部の残留ノイズに若干の不自然さはあるものの、クリアで迫力のある音質で名演が楽しめる。


月刊ラティーナ2014年6月号掲載

(吉村俊司)


売り切れ
  • モデル: BATC 89133


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.338 - Number of Queries: 227 - Query Time: 0.062663102462768