SANDRA MARQUEZ
MISS DELIRIOS
サンドラ・マルケス
ミス・デリリオス

2,420円

EPSA


曲目
●曲目 1. ラ・ウルティマ・グレーラ(最後の女) 2. ミス・デリリオス 3. フマンド・エスペロ(君を待つ間) 4. エス・ミ・オンブレ 5. セ・ディーセ・デ・ミ(わたしの噂) 6. アイ・アモール 7. ミロンガ・パラ・パブロ 8. グアポ・シン・グルーポ 9. ナディエ・セ・サレ・コン・ラ・スージャ 10. ビダ・シエンプレ 11. カンシオン・デ・ラス・シンプレス・コサス 12. タンゴ ●演奏:パブロ・マイネッティ(bn 1. )、チノ・ラボルデ(recitation 1. )、フェルナンド・サマレア(dr 4. )ダニエル・ファラスカ(cb 7. )、パブロ・アグリ(v 7. 9. )、セルヒオ・ワグネル(flu 11. )、ベルナルド・モンク(cl 11. )、モノ・フォンターナ(key 12. )、他


 去年ブエノスアイレスで会った音楽家の中で記憶の片隅に残っていた女性。「もうすぐ新作を出すからよろしくね」と挨拶されたけれど、まさかこんな大作を企んでいたとは……! カナロ、ピアソラ、スピネッタ、さらには坂本龍一まで、一見かなりめちゃくちゃな選曲なのだが、一貫した迫真の世界観。チノ・ラボルデの朗読とバイオリンの不協和音に始まる冒頭曲からミステリアスな展開。演奏には現在のブエノス音楽シーンの代表格、総勢35人が曲を変えて参加していて、さらにパブロ・マイネッティ編のピアソラ 1. 、ディエゴ・スキッシ編のスピネッタ 10. 、モノ・フォンタナ編の坂本龍一 11. と、曲とアレンジャーの組み合わせもセンス抜群である。サンドラの官能的な歌声も魅力的だが、プロデューサーとしてのデビューも是非前向きに考えてもらいたい! 個人的にはマガルディ=ノダ作曲の古典ワルツをスキッシが編曲した 2. がおすすめ。


月刊ラティーナ2014年3月号掲載

(鈴木多依子)


カートに入れる:

  • モデル: EP 162602


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.734 - Number of Queries: 225 - Query Time: 0.067210809234619