ANTÔNIO NÓBREGA
NATURALMENTE - TEORIA E JOGO DE UMA DANÇA BRASILEIRA
アントーニオ・ノーブレガ
ナトゥラルメンチ - テオリア・イ・ジョゴ・ヂ・ウマ・ダンサ・ブラジレイラ

3,740円

録音年 2011年 SESC SÃO PAULO

ブラジルの豊かな身体言語にふれる一作

曲目
1. Abertura 2. Suíte De Danças Populares Brasileiras 3. Tempo De Caboclinho 4. Guerreiro 5. Cabeça De Porco 6. Gaiata 7. Seleção Cinema 8. Simplicidade 9. Abertura Da Suíte Em Ré Maior 10. Gnossienne Nº 1 11. Santa Morena 12. Naturalmente


2010年6月にサンパウロ・セスキ・ピニェイロスシアターで上演された本作 は、レシフェを代表するミュージシャンでダンサー、振付家のアントーニオ・ノ ーブレガが、ドミンギーニョスの曲をタイトルに作・演出した、ブラジル北東部 の民衆舞踏を巡る現代ダンス作品。3人のダンサーと8人のバンド演奏で、フ レーヴォ、カポエイラ、カヴァロ・マリーニョなどのブラジル特有のステップや身 体の動きを言葉と実演で紹介しながら、音楽とダンスの関係性を探る。ガルシ ア・ロルカの詩「理論と遊戯」から着想しており、相反するものが共存し混在す る多様で豊かなブラジル文化に共通するものとは何なのかを見事な足さばき で追っていく。40年に渡り民衆文化を研究しているミュージシャン・ノブレガ ならではの、ブラジル特有のリズムの解析がわかりやすく、さながら授業のよ う。ブラジルの豊かな身体言語にふれる一作。





月刊ラティーナ2015年8月号掲載

(脇 さやか)


売り切れ
  • モデル: DVDSS 00911


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.380 - Number of Queries: 211 - Query Time: 0.076032983459473