VARIEDADES CONTEMPORÂNEAS
CONVIDA LAÉRCIO DE FREITAS E GABRIELE MIRABASSI DVD
ヴァリエダーヂス・コンテンポラーネアス
コンヴィーダ・ラエルシオ・ヂ・フレイタス・イ・ガブリエリ・ミラバッシ

2,750円

クリチバ録音 Sete Sois


曲目


1. Chuck Norris no piano(Julião Boêmio) 2. Galhote na pinha(Gabriel Schwartz e Julião Boêmio) 3. Conversa de anão(Gabriel Schwartz e Julião Boêmio) 4. Vamos Tomar um Café(Davi Sartori) 5. Cafeína(Gabriel Schwartz) 6. Ouvido Tuberculoso(Julião Boêmio) 7. Saída à Francesa(Gabriel Schwartz) 8. Toninho e a Vovó(Gabriel Schwartz) 9. Amanheceu(Davi Sartori) 10. Canto de Recife(Davi Sartori) 11. Luíza(Tom Jobim) 12. No Bar da Real(Laércio de Freitas) 13. Redenção(Gabriel Schwartz) 14. Ao Nosso Amigo Esmê(Laércio de Freitas)




コンテンポラリー・ショーロと言った感じの音楽を演奏するグループのライブ映像。ピアノ、ベース、ドラムスを含む特徴的な編成が独自のサウンドを生み出している。クリチーバの管楽器オーケストラのメンバーも含む凄腕揃いだ。スタジオ録音時にはハーモニカのガブリエル・グロッシが参加していたが、本作ではクラリネットのガブリエル・ミラバッシが参加している。イタリア・ジャズの巨匠だが、ギンガやアンドレ・メーマリなどとの共作のファンも多いだろう。もう一人のゲストはピアノのラエルシオ・ヂ・フレイタス。タンバ4から活躍する大御所である。比較的最近ではベベートの傑作アメンドエイラでの最高にグルーヴする演奏が印象的である。複雑な和声やリズム、凝った仕掛けの中に美しい旋律が織り込まれているのが魅力の現代風ショーロ。その源流にある1980年作のラエルシオのショーロ作品集への敬愛が感じられる。




https://www.facebook.com/variedadescontemporaneas


月刊ラティーナ2014年12月号掲載

(ノビオ)


カートに入れる:

  • モデル: SS 0003


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.401 - Number of Queries: 234 - Query Time: 0.07993603942871