CARTOLA E DONA ZICA
MPB ESPECIAL 1973
カルトーラ・イ・ドナ・ジッカ
MPBエスペシアル1973

3,850円

カルトーラ、幸せな気持ちをおすそわけ
以前DVD化されたテレビ番組の1年前、ファースト・アルバム録音の前年にあたる73年。65歳を迎える年のカルトーラが半生を振り返りながら、初めて録音されたTr1から当時の新曲(Tr12・Tr13・Tr14)まで、ほぼ時代に添って自作曲を歌い継ぐ。「沈黙のバラ」や「人生の風車」が生まれる前の時代だが、すでに心に残る永遠の名曲が目白押しだ。伴奏はサンパウロのショーロを代表するバンドリン奏者、故エヴァンドロのグループで、カルトーラの曲は典型的なサンバであってもショーロのアンサンブルが似合う。語りのパートが長いが、自作のサンバを売った話、親友ネルソン・カヴァキーニョとの出会いの逸話、当時のお気に入りの作曲家としてパウリーニョ・ダ・ヴィオラをはじめカルロス・リラ、ジョビン、シコの名前をあげるなど、興味深い内容だ。傍らに寄り添う愛妻ジカは時おりコメントするだけだが、麗しき夫婦愛が画面からたちこめ、幸せな気持ちを分けてもらえる。


月刊ラティーナ2010年1月号掲載

(中原 仁)


売り切れ
  • モデル: BF 775


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.461 - Number of Queries: 211 - Query Time: 0.073689376037598