LA CUNETA
CAÑAMBUCO
ラ・クネータ
カニャンブーコ

1,980円

Round Whirled Records

本家グラミー賞に初めてノミネートされたニカラグアのスーパーグループ

曲目
1. La Ruta 2. Bailalo 3. La Cumbia Chinandegana 4. Cañambuco (feat. Carlos Mejia Godoy) 5. Deme Chicharrón 6. Coja Pareja 7. Ya Me Embarqué 8. Cumbia Triste 9. La Rebusca (feat. Deuce Eclipse) 10. Cumbia Triste (6/8 Mix)

CARLOS LUIS "LA BUJILLA" MEJÍA - Marimba, timbales
CARLOS "FRIJOL" GUILLEN - Voz lider
ERNESTO "MATUTE" LÓPEZ - Batería, timbales, coros
OMAR "EL PROFESOR" SUAZO - Guitarras
CÉSAR "EL PUMA" RODRÍGUEZ - Teclados
AUGUSTO "EL NEGRO" MEJÍA - Bajo, coros



 それが「熱帯特有の熱」なのかはわからないけど、音が飛び出した瞬間に伝わってくる強烈な高揚感。基本はクンビアを軸にしたミクスチャー・トロピカル・ロック。でも、ルーツ志向が強いカリフォルニア、エレクトロニカと融合を進めるコロンビアなどから登場してくる今時のミクスチャー系とも異なる。とにかく自由奔放でエネルギッシュな折衷感覚が楽しい。要は、伝統楽器マリンバとアコーディオンの音色。ニカラグア発の「魂」がそこに宿っている。歌詞には資本主義や政治を風刺する暗号のようなスラングが散りばめられているという。ダンスホールからクンビア~サルサと展開してくダンス・ナンバー 1. 、大衆料理、チチャロンをお洒落なブーガルーで歌った 5. 、マリンバとアコーディオンが哀愁の旋律を綴る往年のクンビア・スタイル 8. 、サンフランシスコのラッパーが参加した 9. などが秀逸。間もなくの来日がホントに楽しみだ。


月刊ラティーナ2017年10月号掲載

(宮田 信)


カートに入れる:

  • モデル: RWR 0070


Copyright © 2021 Latina Online
Parse Time: 0.352 - Number of Queries: 209 - Query Time: 0.066002356292725