AGUSTIN CARLEVARO
INTERPRETA PIAZZOLLA
アグスティン・カルレバーロ
ピアソラ集 VOL1&2

2,750円

録音年 1971-1991年 AYUI

ほとんどプロ活動はせず、自らのギターの道を歩んできたウルグアイの大アーティスト。クラシックを追求していたのがピアソラを聴いてタンゴを弾きはじめた。個性的なソロ編曲が本人の演奏で本当に生きてくる。

曲目
●曲目【CD1】: 1. 春 2. 夏 3. 秋 4. 冬 5. アルフレッド・ゴビの肖像 6. サンス・ユニック 7. コントラステス 8. チャウ・パリス 9. マロン・イ・アスール 10. レスレキシオン・デ・アンヘル 11. ポエマ・バルセアド、デ・マリア・デ・ブエノス・アイレス 12. ソレダー 13. ルス・イ・ソンブラ 14. タンギッシモ 15. カランブレ 16. デカリシモ【CD2】: 1. ブエノスアイレス・オラ・セロ 2. アディオス・ノニーノ 3. ラ・ムファ 4. テマ・デ・マリア 5. バンド 6. リベルタンゴ 7. フラカナパ 8. オトニョ、デ・ラス・エスタシオネス・ポルテーニャス 9. アルフレッド・ゴビの肖像画 10. ポエマ・バルセアド、デ・マリア・デ・ブエノスアイレス 11. タンギッシモ 12. アルフォシーナ・イ・エル・マール 13. パラブラス・ソブレ・アティリオ・ラパ 14. ミヌエト 15. カンシオン 16. アルフォンシーナ・イ・エル・マール ●演奏:アグスティン・カルレバーロ(g)


 50歳台後半になってプロになったウルグアイのギタリスト、アグスティン・カルバレーロ(1913~95年)は、当時はまったく一般的ではなかったピアソラ作品のクラシック・ギター編曲に取り組み、1971年から91年までの長期にわたり、現代のお手本の一つとも言える数々の録音を残した。曲目を見ても判るとおり、1960年代の作品が中心だがレパートリーは多彩。奇を衒わずギターの特性を生かした、シンプルで味わい深い演奏はいつ聴いても素晴らしい。実はこのCD2枚組は2001年11月号本欄で一度紹介したものだが、待望の再入荷となった。盤はCD-Rだが、前回入手出来なかった皆さんは、ぜひこの機会をお見逃しなく。もう1枚のタンゴ集(トロイロやデカロ作品などを収録)と併せてアジュイへの貴重な録音は集大成されたが、フィリップスにもLPが少なくとも2枚あり(それぞれコビアン、トロイロ作品との組み合わせ)、そちらの復刻も願いたいものだ。


月刊ラティーナ2014年8月号掲載

(斎藤充正)


売り切れ
  • モデル: AYUI AE243244


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.468 - Number of Queries: 209 - Query Time: 0.077905713394165