RICARDO OLIVERA
TANGO MONTEVIDEO
リカルド・オリベラ
タンゴ・モンテビデオ

2,420円

録音年 2014年年 ブエノスアイレス録音 MMG

オルケスタ・マトス・ロドリゲス所属

曲目
1. MONTEVIDEO  2. MALENA  3. CUESTA ABAJO  4. TINTA ROJA  5. SUR  6. LA ULTIMA CURDA  7. NARANJO EN FLOR  8. BALADA PARA UN LOCO  9. POR UNA CABEZA


 リカルド・オリベーラはモンテビデオ出身の歌手で現在50歳。1979年にフォルクローレのグループでデビュー、1981年にソロ歌手としてチリやブラジルをツアー、その後ややあって1990年代半ばからウルグアイ国内で頭角を現し、ブエノスアイレスのセニョール・タンゴやラ・クンパルシータにも出演、2001年には「ラ・クンパルシータ」の作者を記念したオルケスタ・マトス・ロドリゲスの専属歌手となった。前作は実力派ピアニストのアルバロ・アゴピアンのトリオとの共演アルバムだったが、今回はブエノスアイレス録音で、バックはカルロス・ブオーノのキンテート( 1. のみギターとバンドネオンの別伴奏)。ムルガ歌手のタバレー・カルドーソが作った 1. をのぞいて、名曲のオンパレード。ちょっと正統派すぎる選曲と歌い方だが、かといって没個性には陥っていない。ブオーノの伴奏が実にバランスよく、実力派歌手がいかんなく力を発揮した秀作。






(西村秀人)


売り切れ
  • モデル: MMG 60022


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.398 - Number of Queries: 241 - Query Time: 0.07989064491272