ALFREDO ZITARROSA
ANTOLOGIA 1
アルフレド・シタローサ
アントロヒア 1

2,090円

録音年 1972-79年 シタローサを知らずしてウルグアイ音楽は語れない

曲目
01. DIEZ DÉCIMAS DE SALUDO AL PÚBLICO ARGENTINO 02. EL VIOLÍN DE BECHO 03. MILONGA MÁS TRISTE 04. POLLERA AZUL DE LINO 05. MI TIERRA EN INVIERNO 06. LOS HERMANOS 07. TANTA VIDA EN CUATRO VERSOS 08. LA CANCIÓN QUIERE 09. LOS BOLICHES 10. TIERRITA POCA 11. PARA CARLA MORIANA 12. POETA AL SUR 13. MARÍA DE LAS ESQUINAS 14. DEFENSA DEL CANTOR 15. MILONGA EN DO


 2016年はウルグアイの偉大なSSW、哀愁と含羞の社会派詩人、チェロの響きの声を持つ歌手、アルフレド・シタローサの生誕80周年。それを記念してか、1990年代に発売された「antología 1-3」がお手頃価格で再発売された。この3枚のアンソロジーに収録されている音源は1972-1979年の期間にウルグアイ、アルゼンチン、スペインとメキシコで録音されたもの。軍事政権下の故国を離れて亡命生活を送っていた時期である。3枚とも素晴らしい内容だが、1番目の本盤はミロンガを中心にした、最もウルグアイらしい作品がずらり。ウルグアイのミロンガはアルゼンチンのそれとは異なる独特のノリがあり、シタローサの声と相まってなんとも言えない味わいを醸し出す。デシマ(十行詩)の形式で書かれた1、友人のバイオリニストがモデルの彼の代表作の2、ユパンキの作品を歌った6、など名曲がずらり。手元に置いて繰り返し聞いて欲しい。できれば3枚全部(笑)。



(太田美加)


カートに入れる:

  • モデル: MIC 2478868


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.345 - Number of Queries: 209 - Query Time: 0.063500011016846