MARIEL DUPETIT, WALTER RIOS
LOS POETAS DE PIAZZOLLA
マリエル・ドゥペティ、ワルテル・リオス
ロス・ポエタス・デ・ピアソラ

2,420円


曲目
1. Te quiero che 2. Vuelvo al sur 3. Los pájaros perdidos 4. La misma pena 5. Adiós Nonino 6. Invierno porteño 7. Campo, camino y amor 8. Juntos por Astor (instrumental) 9. 1964 10. Oblivion 11. Preludio para el año 3001 12. Balada para mi muerte 13. Balada para un loco 14. Adiós Nonino (instrumental) Mariel dupetit - voz Walter Rios - bandoneon, arreglo musical Cristian Zarate - piano, arreglo musical Pablo Motta - contrabajo German Martinez - guitara Esteban Prentki - violin Jose Luis Colzani - percusion Ricardo Lew - guitarra Juan Pablo Nabarro - contrabajo Cadence Ensamble i - quinteto armenio Hakob Jagatspanian - guitarra Varazdat Khachumian - violin Meruzhan Yeganian - acordeon Sophie Mikaelian - piano Gurgen Amirian - contrabajo Litto Nebbia - piano, teclados, voz


 マリエル・デュペティはピアソラと同じマル・デル・プラタ出身。中南米諸国でバラード歌手として活躍後、故国に戻ってワルテル・リオスと組み、タンゴを歌う。ピアソラ楽曲を彩った作詞家たちの作品を集めたこの企画は、国立タンゴ・アカデミーのソリア会長が発案し、リオスはピアソラから譲り受けたバンドネオンを弾く。リオス16年のピアソラ集『パリ空港』にも彼女の歌で収められていたオメロ・エスポシト作詞の(4)が最も古い作品。ユパンキとの(7)、ボルヘスの詩に曲を付けた(9)、代表的傑作にE・ブラスケスが詞を付けた(5)(6)など選曲は幅広い。フェレールとの定番を並べた(11)~(13)とインスト(14)は迫力のライヴ。


月刊ラティーナ2020年5月号掲載

(斎藤充正)


カートに入れる:

  • モデル: CDM 220


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.523 - Number of Queries: 232 - Query Time: 0.13285872341919