ASTOR PIAZZOLLA
SERIE COMPOSITORES - Vol. 2
アストル・ピアソラ
セリエ・コンポシトーレス Vol. 2

2,200円

録音年 1961-2005年 Buenos Aires Tango Club


曲目
1. Calambre - Piazzolla Quinteto
2. Tanguisimo - Piazzolla Quinteto
3. Caliente - Piazzolla Quinteto
4. Balada Para Un Loco (H. Ferrer) - Piazzolla, R. Goyeneche
5. Verano Porteño - Franchini, Pontier
6. Otoño Porteño - Trío Federico Berlinghieri Cabarcos
7. Chiquilin De Bachin (H. Ferrer) - Piazzolla, A. Baltar
8. Fuga Y Misterio - Piazzolla
9. Alevare (H. Ferrer) - Piazzolla
10. Un Día De Paz - Piazzolla Orquesta
11. La Bicicleta Blanca (H. Ferrer) - José Angel Trelles
12. Alguien Le Dice Al Tango (J. L. Borges) - Piazzolla, E. Rivero
13. El Gordo Triste (H. Ferrer) - R. Goyeneche, R. Garello
14. Adios Nonino - Piazzolla Quinteto
15. Primavera Porteño - Raúl Garello
16. Libertango - Osvaldo Piro
17. Invierno Porteño - Baremboin, Mederos, Console
18. Milonga Del Angel - Orquesta Teatro Colón
19. Oblivión - Gidon Kremer



 ドキュメンタリー映画の公開(2018年12月号47ページ参照)もあって話題再燃中のピアソラ。BATCからの作品集第2弾は、1集と重複する 14. (今回は自身の五重奏による73年のライヴ)以外は60年代以降の作品から「ブエノスアイレスの四季」全曲など定番曲を中心に選曲。ピアソラ自身の演奏と、フェデリコ=ベリンジェリやラウル・ガレーロらによる解釈が交差していく。アメリータの 7. は69年のトローバ録音。 10. はコンフント9+弦の編成で73年に録音したフォード車のCM曲。他アーティストの演奏では、ピアソラとも共演歴のあるホセ・アンヘル・トレージェスがホセ・カルリの伴奏で81年に録音した 11. が改めて印象に残った。(斎藤充正)


月刊ラティーナ2018年12月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: BATC 89309


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.544 - Number of Queries: 239 - Query Time: 0.13750125010681