JORGE RETAMOZA
PIAZZOLLA - SEIS ESTUDIOS TANGUISTICOS
ホルヘ・レタモーサ
ピアソラ - セイス・エストゥディオス・タンギスティコス

2,420円

録音年 2017年 ブエノスアイレス録音 Acqua


曲目
1. Seis estudios tanguísticos - Decidé
2. Anxieux et rubato
3. Molto marcato e energico
4. Lento-meditativo
5. Enérgico
6. Avec anxiété
7. Síntesis
8. Un amigo en Berlín
9. Plaza Miserere
10. Bailate esta
11. Al invitado
12. Veinte años después
13. Aire de Buenos Aires

MÚSICOS
Jorge Retamoza: saxo alto y barítono
Virtuosi Chamber Orchestra (dir. Manfred Neuman) en 1, 2, 3, 4, 5 y 6
Integrantes Orquesta de Cámara del Congreso (dir. Sebastiano De Filippi) en 7, 8, 9, 10 y 11
Matías Rubino: bandoneón en 7, 8, 9, 10 y 11
Gastón Harisquiry: piano en 7, 8, 9, 10, 11, 12 y 13
Roberto Seitz: contrabajo en 7, 8, 9, 10, 11, 12 y 13
Pablo Kiszkurno: bandoneón en 12 y 13
Pablo Martínez: guitarra en 12 y 13
Daniel Míguez: batería en 12 y 13



 90年代から独自のスタイルでサックスを取り込んだ現代タンゴを展開してきたホルヘ・レタモサの9作目のアルバムは弦楽オケとの共演を実現した注目盤だ。自身のサックス・ソロに弦楽オケの伴奏を加えた編曲版でのピアソラの無伴奏フルートのためのタンゴ・エチュード全6曲はインパクト十分だし、四重奏団+弦楽オケによるポスト・ピアソラ世代の自作曲とロビーラ作品(最高!)も多様なニュアンスに溢れる(17年録音)。ピアソラとマリガンの共演盤『サミット』から40周年となる14年のテレビ音源のボーナスでは、同盤からの2曲で六重奏団が灼熱の演奏を繰り広げていて大興奮。


月刊ラティーナ2018年8月号掲載

(鈴木一哉)


カートに入れる:

  • モデル: CLUB 078


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.494 - Number of Queries: 209 - Query Time: 0.12687153656006