ADOLFO ROSQUELLAS
PANCHO AND HIS ORCHESTRA
アドルフォ・ロスケージャス
パンチョ・アンド・ヒズ・オーケストラ

2,200円

録音年 1938-48年 アルゼンチン録音 BUENOS AIRES TANGO CLUB


曲目
1. INSPIRACION
2. LA CUMPARSITA
3. ADIOS MUCHACHOS
4. TANGO DELLE ROSE
5. A MEDIA LUZ
6. PORQUE
7. CAMINITO
8. DERECHO VIEJO
9. YIRA YIRA
10. MOCOSITA
11. NOSTALGIAS
12. ME DEBES PERDONAR
13. EL CHOCLO
14. DONDE ESTAS CORAZON
15. BANDONEON ARRABALERO
16. PLEGARIA
17. QUEJA PAMPERA
18. SENTIMIENTO GAUCHO
19. PURA CLASE
20. UNA PENA
21. CAP POLONIO



 アドルフォ・ロスケージャスは1900年ブエノスアイレス生まれ。元々音楽は趣味だったが、家族の経済状態が悪化したのを機に職業音楽家となる。やがてブエノスアイレスを離れた彼はフランスを経て米国へと渡り、1927年にはフアン・カルロス・コビアンの援助も得てニューヨークの《クラブ・エンバシー》に楽団を率いて出演、以後生涯を米国で過ごす。本CDは、彼が《パンチョとその楽団》の名義で残した録音の中から1938年~1941年のタンゴの録音を集めたもの。編成はピアノ、弦、ドラムス、アコーディオン、管楽器と大きく、収録曲は 4. 17. と自作の 12. を除いてアルゼンチンタンゴの超スタンダードばかり。米国民向けにわかりやすさに徹してはいるが、編曲・演奏のレベルは高く、木管の和声の響きからはビッグバンド華やかなりし時代の何ともリッチな気分を味わえる。ダンスにも好適。ボーナスの3曲は他者が演奏した彼の作品。



(吉村俊司)


売り切れ
  • モデル: BATC 89286


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.562 - Number of Queries: 241 - Query Time: 0.14033180938721