OSVALDO PIRO Y SU ORQUESTA
MISTERIOSA BUENOS AIRES
オスバルド・ピーロ・イ・ス・オルケスタ
ミステリオーサ・ブエノスアイレス

2,530円


曲目
1. MISTERIOSA BUENOS AIRES
2. LOS PAJAROS PERDIDOS
3. EL ABROJITO
4. ENTRAÑABLE
5. MILONGA PARA PICHUCO
6. TU
7. CORDOBA CITY
8. MALEVAJE
9. LOS COSOS DE AL 'LAO
10. INVIERNO PORTEÑO
11. MARIA
12. A LA DISTANCIA
13. SIN LAGRIMAS
演奏:
Valeria Martin: Violín Solista
Nerina Alvarez: Violín
Ernesto Diana Bunge: Violín
Cintia Scavuzzo: Violín
Eugenio Torres Nadal: Viola
Mauro Gentile: Violoncello
Juan Herrera: Flauta
Alejandro Arneri: Guitarra
Tito Cartechini: Bandoneón
David Albano: Contrabajo
Claudio Duverne: Piano
Esteban Gutiérrez: Percusionista invitado en tema 5
Osvaldo Piro: Dirección, arreglos y bandoneón solista
Saba Chapur y Osvaldo Piro: Mezcla



 コルドバ州立都市音楽オーケストラを指揮した07年の『エクリプス』を挟 み、自己の楽団名義のアルバムとしては97年の来日後にリリースされた『ミンオン・タンゴ』以来実に19年振りとなる新作。今年の正月に80歳を迎えたとは思えない瑞々しさで、自身のバンドネオンや弦セクションのほかフルートも効果的なオーケストレーションの巧みさと安定感には唸らされっぱなし。過去に録音した楽曲の再演が皆無、すべて新しいレパートリーと言うのも良い。インストは6曲で 1. 5. 7. といった自身の新作が中心だが、バイアブランカで地道に活動を続ける楽団指揮者、ルシオ・パサレリの(4)、彼との共作 12. にも注目。歌ものは豪華ゲスト歌手7名との共演で、旧知のアルベルト・ビアンコ 3. 、安定のギジェルモ・フェルナンデス 2. 、ロック畑出身のオマール・モジョ 8. らに加えて、スサーナ・リナルディとの間に授かった娘リヒア 6. 、息子アルフレド 9. も華を添える。


月刊ラティーナ2017年2月号掲載

(齋藤充正)


カートに入れる:

  • モデル: DRL 78190182


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.492 - Number of Queries: 239 - Query Time: 0.13146840042114