FRUTOS ROJOS
TANGOS COSECHA 2015
フルートス・ロホス
タンゴス・コセチャ 2015

2,200円

録音年 2015年 ブエノスアイレス録音 RIO DE LA PLATA


曲目
1. Mariposa de Cristal (Noelia Moncada)
2. A pesar de... (Nora Bilous)
3. Acaso (Hernán "Cucuza" Castiello)
4. Soy Penélope (Andrea Bollof)
5. Tambien sin vos (Hernán Fernandez)
6. Jiron (Alfredo Pittis)
7. Decimo Piso (Carlos Rossi)
8. Gris, negro y marrón (Lidia Borda) C. Porteña
9. El Duende del Salón (Patricia Andrade)
10. Papel Mojado (Hugo Araujo)
11. Si, Señor (Luciano Tobaldi)
12. Puntillas de lagrima seca (Mirta Insaurralde)
13. Un Sueño (Jacqueline Sigaut)
14. Falta y resto a lo que queda (Pablo "Pinocho" Routin) Milonga
演奏: Norberto Vogel:Piano y Bandoneón Roberto Amerise:Contrabajo Adolfo Haisband:Violín Marcelo Saraconi:Guitarras Alejandro Martino:Flauta Franco Luciani:Armónica Alberto Corbani:Percusión Patricio Villarejo:Violoncello


 アルゼンチンタンゴ・ダンスがここまで世界中で流行るのは初めてという時期を迎えている今日を称して、“第三期黄金時代”と言おうと提唱している筆者としては、踊りの場(ミロンガ)とネット上でも古今のタンゴを豊富に聞くことが出来る現況を喜ばしいと思う反面(踊りが主役ということで)『少し忘れられているタンゴの魅力もあるよね』と言いたいことがある。“歌”である。そこに彼の地での最高の友人ともいうべきガブリエル・ソリア(国立タンゴアカデミー会長)が最高のCDを出してくれた。「RIO DE LA PLATA」は彼が主宰するレーベルである。マキシモ・ブロステインとモニカ・ファシニの7曲ずつ計14曲の歌詞に5人が曲を付けている。それをL・ボルダ、P・アンドラーダ、N・モンカーダら14人が歌っている。マキシモは1946年、モニカは54年生まれの作詞家(マキシモは作曲も)。「タンゴの収穫2015」という副題通り15年3~12月の録音。主題はガブリエルが語るように『実には種が入っており永遠に再生する』。ここにガルデルの時代から変わらぬタンゴの優しさ、慈しみ、温かさがある。





月刊ラティーナ2017年2月号掲載

(飯塚久夫)


カートに入れる:

  • モデル: IND FU001


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.503 - Number of Queries: 209 - Query Time: 0.12618101702881