RAUL ORLANDO, WALTER RIOS, JUANJO DOMINGUEZ
ETERNO ENCANTO
ラウル・オルランド、W・リオス、J・ドミンゲス
エテルノ・エンカント

2,310円

録音年 2015年 
曲目
1. ABSURDO 
2. AMORES DE ESTUDIANTE 
3. DESENCUENTRO 
4. FUIMOS 
5. GOLONDRINAS
6. MILONGA DEL TROVADOR
  7. MILONGA TRISTE
  8. MUJER Y AMIGA 
9. NARANJO EN FLOR 
10. NUNCA TUVO NOVIO 
11. OREJITA DE TRAPO 
12. RUBÍ
  13. SUS OJOS SE CERRARON 
14. VENUS DEL CAMPO
  15. YUYO VERDE 演奏: Raul Orlando: Cantante Walter Rios: Bandoneon Juanjo Dominguez: Guitarra, Guitarron Jose Luis Colzani: Bombo Leguero (8) Hernan Fredes: Guitarron (2,6,7)


 生年は不詳だが、ブエノスアイレス・パテルナル地区の生まれの歌手、ラウル・オルランドのおそらく2枚目のアルバム。1枚目は未聴だが、バンドネオン奏者ワルテル・リオスとのコンビによるマリアーノ・モーレス作品集「アモーレス」が2015年に制作されており、今回も共演はワルテル・リオス、さらにそこにフアンホ・ドミンゲスのギターも加わっている。クラシックの発声も学んできたようだが、叫ばず柔らかな歌唱が特徴、むしろタンゴ臭くないことが特徴の歌い手で、R.フィゲロア・レジェス作のサンバ 8. あたりが本来の持ち味なのかもしれない。とはいえ、タンゴのレパートリーはなかなか渋いところを選んでおり、リベロの名唱で知られる 1. 、エスポシト兄弟の代表作 9. 、コビアン=カディカモの佳作 12. あたりをじっくり聞かせているし、ワルテル・リオス=フアンホ・ドミンゲスのデュオによる伴奏の方にも聞かせどころあり。





月刊ラティーナ2017年2月号掲載

(西村秀人)


カートに入れる:

  • モデル: CDM 206


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.505 - Number of Queries: 239 - Query Time: 0.13353081492615