FEDERICO AGUIRRE
BARRIO
フェデリコ・アギーレ
バリオ

2,200円

録音年 2020年 クリバスのアコーディオン奏者ソロ作品

曲目
Federico Aguirre - acordeon, voz 1. Por los Barrios de la City. 2. Cuando Canta la Milonga 3. Tango (Liberate). 4. Tobogán 5. Casa Vacía 6. Al Bufón 7.Primera impresión 8.La serena


2月初来日、コトリンゴとの共演などで話題をさらったクリバスのメンバー、1990年ビジャ・ヘセル出身フェデリコ・アギーレ(Acc)の初ソロ作。ツアーで見せたユーモラスでムードメーカーな表情からは意外な、語りから始まる全8曲大人な音楽作品。不遇の音楽家J.グラルテの3.とE.マテオの朋友F.カブレラの名曲4.、自作6.をこぶしを利かせた歌とアコーディオン弾き語りで下町のタンゴ世界とウルグアイ首都モンテビデオのカーニバルの哀愁を表現。作者不詳の8とさらっと弾いたインスト曲5.7.の美しさも筆舌に尽くしがたくシネマ的情景が聴くたび浮かび、あとからじわじわ来る良さ。


月刊ラティーナ2020年4月号掲載

(谷本雅世(PaPiTaMuSiCa) )


カートに入れる:

  • モデル: IND FAG001


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.450 - Number of Queries: 239 - Query Time: 0.10085100032044