LILIANA HERRERO
CANCION SOBRE CANCION
リリアナ・エレーロ
カンシオン・ソブレ・カンシオン

2,420円

録音年 2018年 ELEFANTE EN LA HABITACION

現代フォルクローレ界最高峰の女性歌手リリアナ、フィト・パエスの音楽への愛を結晶させた作品

曲目
1. Giros
2. Mariposa Tecknicolor (feat. Fernando Cabrera)
3. Del Sesenta y Tres
4. Carabelas Nada
5. Dejarlas Partir
6. Tatuaje Falso
7. Tres Agujas
8. Ambar Violeta
9. Instant-Taneas
10. Abre (feat. Gustavo Cortés & Sig Ragga)
11. D.L.G.



Liliana Herrero: vo
Pedro Rossi: guitar
Mariano Agustoni: piano, keyboard
Ariel Naón: bass, contrabass
Mariano Cantero: drums, percussion, chorus
Martín Pantyrer: bass clarinet, soprano sax

Guests:
Fernando Cabrera: vo in #2
Gustavo Cortés (Sig Ragga): vo in #9
Federico Siksnys: bandoneón in #7, 8, 9
2019年6月号インタビュー掲載


 アルゼンチン・フォルクローレの頂点といわれるリリアナ・エレーロが、ロックスターであるフィト・パエスの楽曲を歌う企画盤。意外な組み合わせと思うかもしれないが、もともとリリアナはフィトのプロデュースでデビューしたという経緯がある。よって、ある意味ルーツ回帰といってもいいだろう。原曲のバンド編成をベースにした厚みのあるバッキングとは違い、ギター、ピアノ、ベース、パーカッションなどによるシンプルなアコースティック・サウンドで、メロディの良さが一層引き立ち、歌の情感を見事に表現。ウルグアイの重鎮フェルナンド・カブレラとのデュエットもあり。(栗本 斉)





月刊ラティーナ2019年7月号掲載

売り切れ
  • モデル: IICES LH2018


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.443 - Number of Queries: 211 - Query Time: 0.093317564651488