HILDA LIZARAZU
LA GÉNESIS
イルダ・リサラス
ラ・ヘネシス

2,420円

録音年 2018年 DISCOLA DISCOS


曲目
1. Viento dile a la lluvia
2. No pibe
3. Génesis
4. Amigo, vuelve a casa pronto
5. Violencia en el parque
6. Mariposas de madera
7. Voy a dejar esta casa, papá
8. Natural
9. Hombre de mala sangre
10. En el país de la libertad
11. Blues del éxodo
12. Figuración
13. Adónde irás, camalotal
14. De nada sirve

MÚSICOS
Hilda Lizarazu: voz y coros
Lito Vitale: pianos, guitarra eléctrica, batería, MiniMoog
Luciano Vitale: bajo, batería, guitarra acústica, contrabajo, percusión, flautas
Juan Belvis: piano, coros, guitarra española, bandurria
Eliseo Tapia: bandoneón y guitarra eléctrica
Fernando Samalea: batería en 4, 9 y 11
Amílcar Vázquez: guitarra eléctrica y acústica en 4
Irene Cadario: violín
Y muchos más...


 リト・ビターレが奏でる雨を描くピアノを背景にリト・ネビア作のロス・ガトス時代の名曲 1. のメロディが物語の始まりのように歌われる。80年代にロス・ツイスト、マン・レイ等のバンドで音楽キャリアをスタートさせたイルダ・リサラスはアルゼンチンを代表する女性ロック・ヴォーカリストの一人。本作で取りあげた全14曲はアルメンドラ、スイ・ヘネリス、タンギート等、1968〜73年の自国のフォーク/ロック黎明期の重要曲。スティーヴ・ライヒ的ヴァイオリン・フェイズで躍動するヴォックス・デイのカバー曲 3. 「創世記」等、独特のアレンジで“起源”を歌い継いでいる一枚。(Jongaleiro)


月刊ラティーナ2019年5月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: DD 0042018


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.426 - Number of Queries: 209 - Query Time: 0.093560697235107