FUSIÓN AUSTRAL
VIENE DEL ANDAR
フシオン・アウストラル
ビエネ・デル・アンダール

2,090円

Independiente


曲目
1. Nigth in Tunisia
2. Maturana
3. Gatoblú
4. Papas calientes
5. Sachafuga
6. La arenosa
7. Viene del llover
8. Huayno 88
9. Yatrata
10. La Sachapera

Anibal Glüzmann: piano
Ezequiel Agüero: bajo eléctrico
Jorge Mario Orlando: batería

Invitados
Silvina Wainszelbaum: flauta en 5 y 10, flauta en sol y piccolo en 9
Mariano Cigna: bandoneón en 4 y 7
Y otros más...


 ドラムス教師のホルヘ・マリオ・オルランドが若手音楽家達(ピアノ、ベース)と組んだジャズトリオの初作品。クリオージャのリズムにジスモンチ風ピアノタッチで始まる名曲「チュニジアの夜」から、クチ・レギサモンやメルセデス・ソーサの名唱で知られるサンバ「マトゥラーナ」、アローラス作のミロンガ「熱いポテト」等々取上げ、終盤ではタニア・マリアの「ヤトラター」で各人のアドリブソロで盛り上がり、チャカレーラ曲「サチャペーラ」を管弦楽でまとめる。原曲のイメージを綺麗に残したアレンジと演奏に気心知れた日常の体温を感じる、元気もらえるセッションです。(Jongaleiro)


月刊ラティーナ2018年10月号掲載

カートに入れる:

  • モデル: IND FA2018


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.442 - Number of Queries: 207 - Query Time: 0.094315907958985