MARTIN PAEZ DE LA TORRE
TOBIANO
マルティン・パエス・デ・ラ・トーレ
トビアーノ

2,376円

録音年 2012-16年 ブエノスアイレス、トゥクマン、サンタフェ録音 Indipendiente

次世代のギンガになりうる才能がアルゼンチンから登場!ギタリスト/チャランゴ奏者ですが管楽器のアレンジも素晴らしいです!

曲目
1. Verano de la lluvia 2. Sudeste 3. De pájaros 4. La casa vieja 5. Desierto y Rusia 6. Oriental 7. Regen 8. El nombre de los árboles

Los músicos:
Matías Marcipar, clarinete en Verano de la lluvia.
Raul Rodrigues, tabla y accesorios en Sudeste.
Manuel Tirso Rubio Carreras, batería y accesorios en Sudeste; batería y bombo legüero en Regen.
José Arcuri, flauta en Regen y flauta en sol en Sudeste.
Javier Seco, clarinete en Regen; clarinete bajo e improvisación en Sudeste.
Federico Govetto Sosa, bajo en Regen y Sudeste.
Martín Páez de la Torre, guitarra en casi todas las músicas; dos guitarras en La casa vieja; guitarra y charango en Desierto y Rusia; ronroco (charangón) en De pájaros.



 アルゼンチンのギタリストのリーダー作二作目。バンドで演奏した曲の中に、ソロでのギターやチャランゴの演奏が挟み込まれている。アルゼンチンのギンガ、という声も聞こえるが、バンド・アンサンブルはクラリネットをフィーチュアしていることもあり、ジョアナ・ケイロスやロウレイロ、マルティニらに通ずるものを感じた。6弦のギター演奏はスピーディーなリズム感に溢れ、コードとメロディーが同時に溢れ出す。ある意味、古典的な、コンポジション重視のアコースティックな音楽だとは思うが、フレッシュな世代感も香る。次は歌と絡むのを聴いてみたい。





月刊ラティーナ2018年4月号掲載

(高橋健太郎 )


カートに入れる:

  • モデル: IND MPT2018


Copyright © 2018 Latina Online
Parse Time: 0.649 - Number of Queries: 235 - Query Time: 0.16909934028625