JUAN IZKIERDO GRUPO
JUAN IZKIERDO GRUPO
フアン・イスキエルド・グルーポ
フアン・イスキエルド・グルーポ

2,530円

録音年 2016-17年 ブエノスアイレス録音 Independiente

Kai d' Raizのサックス奏者がリーダーを務めるラテン・ラージアンサンブル

曲目
1. Ahora Se 2. El Espejo 3. Si Alguna Vez (Parte 1) 4. Si Alguna Vez (Parte 2) 5. Hijos de la Patria Grande 6. El Poder del Mistol 7. Jua Jua Jua

Mora Garcia Medici: voz
Tamara Bregman: voz
Juan Ignacio Sanchez: saxo alto, voz, composición, arreglos y dirección
Camila Nebbia: saxo tenor
Hector Cantín: saxo barítono
Isaac Cevallos: piano y sintetizador
Joaquin Muro: trompeta
Roberto Decarre: trompeta y voz
Gonzalo Pérez: trombón
Joaquín Bonet: guitarra
Tomas Melillo: guitarra eléctrica, FX, voz, composición, arreglos y dirección
Joaquín Fridman: bajo eléctrico de seis cuerdas, voz, composición, arreglos y dirección
Nahuel Nakamura: percusión
Axel Filip: batería



 2名の女性ボーカリストと6名の管楽器奏者を含む総勢14名の大所帯で、男女の歌を大きくフィーチャーしたラージ・アンサンブル・ジャズを奏でる新鋭グループの初作。作曲やアレンジはリーダー格のアルト・サックス奏者とエレキ・ギター、ベース奏者が手がけ(それぞれに男性ボーカルも兼任)、スキャット的な女性コーラスや重厚なホーン・アンサンブル、ジャズ・ロック的な展開から祝祭感のあるラテン・ジャズやファンク調までと変幻自在な演奏で繰り出す音は、70年代のソフト・ロック的な妙味もあるジャズ・オーケストラが残した隠れ名作のようなファンタジックさ。そのような作品に通じるような奔放でドリーミーな感覚と現代的な切れ味の演奏がうまく同居している点が魅力で、歌メロにはフォルクローレ的な旋律も顔を出す。テナー・サックス奏者のカミラ・ネビアら、近年のアルゼンチン・ジャズ界で活躍する才人が多数参加。





月刊ラティーナ2018年1月号掲載

(吉本秀純 )


カートに入れる:

  • モデル: IND JIG2017


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.435 - Number of Queries: 207 - Query Time: 0.093806193878174