ADRIANA VARELA
AVELLANEDA
アドリアーナ・バレーラ
アベジャネーダ

2,530円

DBN


曲目
1. Todo Un Palo 2. Hoy Todo El Hielo En La Ciudad 3. Total Interferencia 4. Avellaneda Blues 5. Mañana En El Abasto 6. La Despedida 7. Himno De Mi Corazón 8. ¿Qué Te Pasa Lobo? 9. Adiós 10. No Te Buesques Ya En El Umbral 11. Margherita 12. Mientras Miro Las Nuevas Olas Invitados: Ricardo Mollo, Pedro Aznar, Fito Páez, Deborah Dixon, Mariano Otero y entre muchos otros.


 カリスマ性に溢れるハスキーな歌声で現代女性タンゴ歌手として別格の地位を占めるアドリアーナ・バレーラだが、何と最新アルバムはアルゼンチン・ロックの作品集だ。息子でギタリストのラファエル・バレーラ(パブロ・マルチェッティと共同で注目作『タンゴクラタス』をリリースしたばかり)が編曲、伴奏の中核を担う。弦楽をバックにリカルド・モージョとの二重唱によるスピネッタ作 2. 、エルナン・ハシントのジャジーなピアノがブルース風味を添える 4. 、フィト・パエスとの 6. 、ブルース・バンド「ラス・ブラカンブルス」出身のデボラ・ディクソンとの重量級デュオによる 7. 、名手パブロ・マルケスのアコースティック・ギターをフロントに据えたグスタボ・セラティ作 9. 、ペドロ・アスナールとの 11. など、豪華ゲストが多数参加。ロック世代ど真ん中の血をたぎらせたアドリアーナ姐さんのドスの利いた熱い歌いっぷりが気持ちよい。


月刊ラティーナ2017年10月号掲載

(鈴木一哉)


カートに入れる:

  • モデル: DB 52417


Copyright © 2021 Latina Online
Parse Time: 0.420 - Number of Queries: 239 - Query Time: 0.097955794586181