ARTURO PUERTAS
VIVA JUJUY
アルトゥーロ・プエルタス
ビバ・フフイ

2,420円

録音年 2016年 アルゼンチン録音 CLUB DEL DISCO

エルナン・ハシントやオスカル・ジウンタといった今やアルゼンチンジャズ界に欠かす事はできないメンバーとの共演も数多いベーシスト、アルトゥーロ・プエルタスによるアルゼンチンフォルクローレ集。真っ向からのフォルクローレだが、華麗なアレンジがさすがの一言。ミックス&マスタリングはエルナン・ハシントが担当

曲目
1. Viva Jujuy (Rafael Rossa)
2. El hombre fuerte (Arturo Puertas)
3. Para Charlie H. (Arturo Puertas)
4. Tour de force (Dizzy Gillespie)
5. Es diferente (Arturo Puertas)
6. No soy lo que crees (Arturo Puertas)
7. K.J. el pianista (Arturo Puertas)
8. Juegos en el viento (Arturo Puertas)
9. Sos mi bastón (Arturo Puertas)
10. Una mosca en el cordal (Arturo Puertas)
11. Tour de force (Otra vez) (Dizzy Gillespie)
演奏:
Arturo Puertas - Piano/ Aaron Goldberg -Bass/ Adam Cruz - Batería/ Miguel Zenón -Alto Sax/ John Ellis tenor sax
Hernán Jacinto - Piano Oscar Giunta - Batería Gabriel Santecchia- Saxo Arturo Puertas - Contrabajo


 アルゼンチン・ジャズ・シーンにおけるトップ・クラスの実力派ベーシストであり、海外でも評価の高いアルトゥーロ・プエルタス。彼の3作目となるリーダー作は、ニューヨークで録音された。ミンガス・ビッグ・バンドやチック・コリアなどと共演するドラマーのアダム・クルース、そしてジョシュア・レッドマンやカート・ローゼンウィンケルといった現代ジャズの精鋭たちから絶大な支持を得るピアニスト、アーロン・ゴールドバーグという2人メンバーとともに、現在進行系のニューヨーク・ジャズ・スタイルを披露している。とはいえ、いきなり冒頭でフォルクローレの名曲「ビバ・フフイ」のカヴァーを持ってくることでアルゼンチン色を押し出しているのが痛快。全体的にはローカル色は控えめでスタイリッシュな演奏が続くが、プエルトリコのサックス奏者ミゲル・ゼノンなども参加し、ラテンの香りもほのかに漂わせている。





月刊ラティーナ2017年4号掲載

(栗本 斉)


カートに入れる:

  • モデル: CLUB 056


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.441 - Number of Queries: 239 - Query Time: 0.098901731903077