LUCIANA JURY
EN DESMESURA
ルシアナ・ジュリ
エン・デスメスーラ

2,420円

録音年 2013年 ACQUA

高い表現力を誇るシンガーの意欲作

曲目
●曲目 1. ポスト・クルシフィキシオン 2. ムダ・ラ・バナ・エスペランサ 3. コモ・ロブレ・エン・エル・ベラノ 4. ジョ・ソイ・コモ・ラ・サフリア 5. ケ・ペナ・シエンテ・エル・アルマ 6. イングラト・ポルケ・オルビダステ 7. エル・ビエン・ケ・アドロ 8. オウ・パハリージョ・ケ・カンタス 9. ラ・ムエルテ・セ・フエ・ア ・バニャール 10. トゥ・アモール・エス・コモ・エル・アンブレ 11. エン・デスメスーラ ●演奏:ルシアナ・ジュリ(g,per 9. ,vo)、ピリ・デルガード(g 4. 5. 7. 10. 11. 、charrango 4. )、レアンドロ・サベロン(per 1. 9. tambourine)、レオナルド・イルスビエタ(gaita 4. )、ルーカス・ラミレス(aco 5. )、フアン・フィンガー(ct 5. )


 ギタリストのカルロス・モカルディーニとの珠玉アルバムを数枚発表の後、ソロ活動するルシアナ・ジュリの単独名義2枚めの本作は、ギター、パーカッション、歌のシンプルな構成をベースに、エスティーロ、トナーダ、トゥリステ、クエッカ等フォルクローレのリズム形式をもつ7つの伝承曲とアルゼンチン・ロックの雄L・A・スピネッタやチリのビオレータ・パラ、現代アルゼンチンを代表するガボ・フェロとタイトルにもなっている自身のオリジナル曲を、フラメンコの唱法などを取り入れ個性的に表現した意欲作。曲によりガイタ、パンデレータ、アコーディオンのサウンドが実に素晴らしいアクセントとなっており彼女の声質にぴったりで、伝承曲と現代曲の差を感じさせない複雑な味わいをもつ作品に仕上がっている。フラメンコに近い謡いぶりに好みもあると思うが、人間の孤独や愛など精神性を追求した表現力はさすが。


月刊ラティーナ2014年3月号掲載

(谷本雅世)


カートに入れる:

  • モデル: AQ 401


Copyright © 2022 Latina Online
Parse Time: 0.544 - Number of Queries: 207 - Query Time: 0.10634676342773