SÉRGIO ALBACH
CLARONE NO CHORO
セルジオ・アルバッキ
クラローニ・ノ・ショーロ

2,640円

INDEPENDENTE


曲目
1.Improviso
2.Choros No. 1
3.Espinha de Bacalhau
4.A Ginga do Mané
5.Tenebroso
6.Chorando Baixinho
7.Gargalhada
8.K-xim-bodega
9.Saudades do Pixinga
10.Devani
11.André de Sapato Novo
12.Minha Lágrima

Credit
Sérgio Albach - clarone, clarineta
Daniel Migliavacca - bandolim, palmas
Gustavo Moro - violão, palmas
Lucas Melo - violão de 7 cordas, palmas
Ricardo Salmazo - pandeiro, reco-reco, palmas
Guest
Nailor Proveta - clarineta
Nelson Ayres - piano



 バス・クラリネットの主旋律が中心の希少なショーロ作品。定番曲が多いが、クリチーバ吹奏楽団のレア・フレイリ集で音楽監督を務めているマエストロだけに習作とは一線を画す。多くの曲がマシーシのような古き良き時代のダンス音楽を彷彿とさせる趣向。古色蒼然とするだけでなく現代的なアレンジを随所に散りばめているのが流石。6弦と7弦ギターのハーモニーやグルーヴも見事。バンジョーがなっているかのようなリズムも良い。客演はクラリネットのプロヴェッタとピアノのネルソン・アイレス。各々とはデュオによる美しいチルアウト曲。ガフィエラ用の音源にも好適な洒落た一枚。(2020年3月号 ノビオ)






カートに入れる:

  • モデル: SA01CD2018


Copyright © 2020 Latina Online
Parse Time: 0.715 - Number of Queries: 209 - Query Time: 0.15321726631165